フィギュアスケート

GPシリーズ NHK杯第4戦 11月10日〜12日

速報・結果更新

NHK杯 女子SP

宮原 復帰戦はSP6位、女王メドベデワが盤石の首位発進
第2グループ

12エフゲニア・メドベデワ(ロシア)

(写真:Getty Images)

曲は『夜想曲第20番(ショパン)』
ヴァイオリンの哀切に可憐な舞を乗せ、スピン・ステップの精度を見せる。全て演技後半に配したジャンプへ。手を挙げる3フリップ+3トゥループ、3ループ成功。シリーズ初戦FSで転倒のあった2アクセルも手を挙げて降りた。フィニッシュの我に返る芝居で、一層大きな拍手が沸いた。自身の世界記録まで1点に迫る得点が出た。

得点:79.99(技術点41.71|演技構成点38.28)
順位:1位

■SP順位
1位:エフゲニア・メドベデワ(ロシア)
2位:カロリーナ・コストナー(イタリア)
3位:ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
4位:本郷 理華(日本)
5位:長洲 未来(アメリカ)
6位:宮原 知子(日本)
8位:白岩 優奈(日本)

11宮原 知子(日本)

(写真:Getty Images)

曲は映画『SAYURI』
冒頭3ルッツ+3トゥループの3トゥループが2回転に。しかし、後半の3フリップ、2アクセル、スピン、ステップ、全ての瞬間で宮原らしいシルエットの強さと美しさが光った。演技後は少し首をかしげたが、11ヶ月振りに復帰した宮原をあたたかく讃える会場。

得点:65.05(技術点31.02|演技構成点34.03)
暫定順位:5位(1位:コストナー|2位:ツルスカヤ|3位:本郷)

10本郷 理華(日本)

(写真:Getty Images)

曲は『カルミナ・ブラーナ』
3フリップ+3トゥループが回転不足なく決まるが、後半の3ルッツが回転不足に。手を挙げる2アクセルは成功。ダイナミックに、心から踊る演技に会場は大歓声。採点では残念な表情を浮かべる。

得点:65.83(技術点34.00|演技構成点31.83)
暫定順位:3位(1位:コストナー|2位:ツルスカヤ)

9長洲 未来 (アメリカ)

(写真:Getty Images)

曲は『夜想曲第20番(ショパン)』
会場も固唾をのんで見守る冒頭3アクセル、高さはあったが着氷で足を付いた。3フリップ+3トゥループ、後半の3ルッツも降りた。ヴァイオリンの鋭い音色を滑りと踊りで映していく。ビールマンスピンで大歓声。演技後はアメリカ国旗が揺れる会場に笑顔を見せた。

得点:65.17(技術点34.45|演技構成点30.72)
暫定順位:3位(1位:コストナー|2位:ツルスカヤ)

8カロリーナ・コストナー(イタリア)

(写真:Getty Images)

曲は『Ne me quitte pas』
冒頭3トゥループ+3トゥループは堪えた。シャンソンの枯れに重ね、3ループ、後半2アクセル、全ての技術でクオリティーを見せる。演技後はほっとしたように胸に手を当てた。もちろんイタリア国旗も開く会場。

得点:74.57(技術点37.25|演技構成点37.32)
暫定順位:1位(2位:ツルスカヤ|3位:レオノワ)

7マライア・ベル (アメリカ)

(写真:Getty Images)

曲はミュージカル映画『シカゴ』
しなやかなダンスを魅せ、3ルッツ+3トゥループが鮮やかに決まる。後半3フリップが2回転に。2アクセルは着氷後にバレエジャンプも決めた。パフォーマンスには躍動感があったが残念な表情。会場にはアメリカ国旗も開く。

得点:57.25(技術点26.94|演技構成点30.31)
暫定順位:4位(1位:ツルスカヤ|2位:レオノワ|3位:白岩)

第1グループ

6ニコル・ライチョバ (スロバキア)

(写真:Getty Images)

曲は『Une page d'amour』
冒頭3トゥループ+3トゥループが決まるが3ルッツで転倒。後半2アクセルは成功。長く競技を続ける欧州のベテランは、味わい深い音楽を全身で表す。演技後はほっとした表情で声援に応えた。

得点:53.36(技術点27.33|演技構成点27.03|転倒での減点-1.0)
暫定順位:4位(1位:ツルスカヤ|2位:レオノワ|3位:白岩)

第2グループ滑走を前に現在6分間練習中

5白岩 優奈 (日本)

(写真:Getty Images)

曲は『亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)』
柔らかな表情で入った3ルッツ+3トゥループは、3トゥループが回転不足で両足着氷。後半2アクセル、3フリップは決まる。スピン・ステップでは落ち着いて優雅な世界観を作り出す。演技後少し悔しそうな顔を浮かべたが、すぐ笑顔で日本国旗が開く会場に丁寧にお辞儀した。

得点:57.34(技術点28.86|演技構成点28.48)
暫定順位:3位(1位:ツルスカヤ|2位:レオノワ)

4パク・ソヨン (韓国)

(写真:Getty Images)

曲は映画『ブラック・スワン』
冒頭3サルコウ+3トゥループが2サルコウ+2トゥループに。3ループ、後半の2アクセルで盛り返し、ステップでは顔に加え手にも表情をつけ、ステップの間に見せたバレエのブラックスワンの振付では拍手も起こった。

得点:51.54(技術点24.24|演技構成点27.30)
暫定順位:3位(1位:ツルスカヤ|2位:レオノワ)

3アレーヌ・シャルトラン (カナダ)

(写真:Getty Images)

曲は『リベルタンゴ』
冒頭3ルッツ+3トゥループの3ルッツで転倒。続く3ループに2トゥループをつけリカバリー。後半2アクセルは回転不足に。スピンやステップではタンゴのキレを見せる。残念な表情で、カナダ国旗も開く会場に挨拶した。

得点:49.60(技術点23.06|演技構成点27.54|転倒での減点-1.0)
暫定順位:3位(1位:ツルスカヤ|2位:レオノワ)

2ポリーナ・ツルスカヤ (ロシア)

(写真:Getty Images)

曲は『Light of the Seven(テレビドラマ ゲーム・オブ・スローンズ より)』
冒頭3ルッツ+3トゥループは、3ルッツで空中で止まっているような浮遊感を見せた。踊るような後半3ループ、2アクセルに成功。シニアデビューの演技を完璧にやり切り、小さく拳を握った。

得点:70.04(技術点38.78|演技構成点31.26)自己ベスト更新

1アリョーナ・レオノワ (ロシア)

(写真:Getty Images)

曲は『Bla Bla Bla Cha Cha Cha』
冒頭、軽快に3トゥループ+3トゥループを成功。ファンにはおなじみの笑顔を振りまきながらラテンダンスを魅せるステップシークエンスの後、後半3フリップ、2アクセルも決める。ロシア国旗が多数開いた会場にキスを贈りフィニッシュ。

得点: 63.61(技術点34.13|演技構成点29.48)

滑走順

■女子SP滑走順

<第1グループ>
1:アリョーナ・レオノワ(ロシア)
2:ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
3:アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
4:パク・ソヨン(韓国)
5:白岩 優奈(日本)
6:ニコル・ライチョバ(スロバキア)

<第2グループ>
7:マライア・ベル(アメリカ)
8:カロリーナ・コストナー(イタリア)
9:長洲 未来(アメリカ)
10:本郷 理華(日本)
11:宮原 知子(日本)
12:エフゲニア・メドベデワ(ロシア)

トピックス

トピックス