dmenuスポーツ

フィギュアスケート

コラム

【GPファイナル】男子FSレビュー/チェンが世界新で3連覇の偉業!羽生は4ルッツ成功も2位

 2019年12月8日 06:53配信

優勝は圧巻演技のチェン、羽生は及ばす2位に。エイモズは自己最高の演技で3位に入った(写真:Getty Images)

 男子フリーは、トリノ現地時間午後1時過ぎに開催された。羽生結弦は6人中5番目の滑走だった。羽生が氷の上に出てくると、いつものように大きな歓声がわき、日本からも大勢のファンが駆け付けた会場は日の丸で埋め尽くされた。事情があって到着が遅れたというジスラン・ブリアンコーチに見守れ、羽生は氷の上に出た。

 いつも通り、祈るような姿勢で体の前で両手を合わせ、フリー「オリジン」の最初のポーズを取った。冒頭の4ループは余裕を持って着氷し、続いた4ルッツもきれいに決まった。スピンとステップを経て、3ルッツ、そして4サルコウと次々ジャンプを成功させていった。4トウループ+1オイラー+3フリップの最後のジャンプが回転不足でステップアウトとなったが、次の4+2トウループはきれいにきめた。久しぶりに挑んだ4回転5度の構成で、疲れが出たのだろう。最後の3アクセルをシングルアクセルにという、羽生らしくないミスが出た。最後のスピンを終えて演技を終了すると、力尽きたように氷の上にうつ伏せになった羽生に、クマのプーさんのぬいぐるみがシャワーのように氷の上に投げ込まれた。フリー194.00、総合291.43を獲得した。

「まぁこんなもんだろうなって思っていました。ルッツ跳べていますしループも跳べてるから、まぁ4回転も後半3本入れて印象は強いんですけど、実際点数取れてるものが少ないって思っているので。まぁこんなもんですね。でもかなり実りのある試合にできました」と演技後に、ミックスゾーンで滑り終わった感想を述べた。

すべてを出し尽くし、リンクに突っ伏す羽生。因縁の4回転ルッツを成功させるも、得意のアクセルまで体力がもたなかったか(写真:Getty Images)

 ネイサン・チェンは、羽生の直後の最終滑走だった。ぬいぐるみで埋め尽くられた氷を必死でフラワーガールズたちが片付ける中、足慣らしに出てきた。集中しきった表情でリンクの中央に立ち、「ロケットマン」のプログラムを開始した。冒頭の4フリップ+3トウループ、4ルッツ、そして4トウループ+1オイラー+3フリップと、まったく力みのないきれいなジャンプを成功させていった。スピンの後、3アクセル、そしてステップの後は4サルコウ、4トウループ、そして3ルッツ+3トウループまで、全てのエレメンツでプラスのGOEを獲得し、フリー224.92、総合335.30と歴代最高スコアを更新して3度目のGPファイナルのタイトルを手にした。

「すごく楽しみました。最後はものすごく疲れたので、もう少しスタミナをつけないと。でもここに来られて本当に良かった。良い点が出て、嬉しく思っています」と演技後にコメントした。

 3位に入って初のGPファイナルのメダルを手にしたのは、SP3位だったケビン・エイモズだった。冒頭の4+3トウループをきれいに成功させ、次の4トウループもいったん降りたように見えたが、エッジが抜けて転倒。回転不足の評価が出た。3アクセル+2トウループ、3ループ、二度目の3アクセルも成功させ、残りも大きなミスなく滑り切った。フリー178.92のスコアが出ると、コーチのシルビア・フォンタナと抱き合って喜びを表現した。総合275.63で3位を保った。

「今の気持ちは言い表せないです。まるでリンクの上を飛んでいるような気持ち。ここに来たときは、SPで95、フリーで175を出すのが目標だったけれど、それ以上の結果を出すことができました」演技後に、エイモスはそうコメントした。

 4位は冒頭で大きな4ルッツ+3トウループを着氷した、アレクサンドル・サマリンだった。4フリップでステップアウトし、次のトウループが2回転になったが、残りは大きなミスなく滑り切って167.51を獲得。総合248.83でSP5位から一つ順位を上げた。

 1番滑走だったボーヤン・ジンは、冒頭の4ルッツで転倒。次の4+2トウループは成功させたが、二度目の4トウループで再び転倒してフリー160.77、総合241.44で5位に。

 ロシアのドミトリー・アリエフは、冒頭の4ルッツをきれいに着氷したが、次の4トウループで転倒。ここからプログラムが大きく崩れた。次の予定していた4トウループが2回転になり、3フリップで転倒。キス&クライではしばらく顔をあげられずにいたが、会場の拍手に励まされてテレビカメラに向かって手を振った。フリー131.26、総合220.04で6位に終わった。

text by 田村 明子

4回転ジャンプを軽々と決め、3連覇を果たしたチェン。現時点では敗北が想像できいないほどの強さ(写真:Getty Images)

コラム一覧に戻る

トピックス

競技一覧
トップへ戻る