dmenuスポーツ

フィギュアスケート

コラム

【GPファイナル】男子コメント/羽生「ネイサンがいなければもっと強くなりたいと思えなかった、感謝したい」

 2019年12月8日 07:09配信

■ネイサン・チェン(1位)

この大会に出られて本当に嬉しく思っています。GP大会の他の試合では、ミスがちょっと出てしまったけれど、ここではようやく、まあ、ノーミスと言えるプログラムを2本揃えることができました。4トウループの最後をフリップではなく3サルコウにしたのは、即興で決めたことでした。でもそれ以外は、できることは見せられたと思う。ここで驚くような選手たちと競うことができたのは、素晴らしい体験でした。いつも毎回すごく楽しんでいるし、こうして前に進み続けていられることができるのは嬉しいです。試合のたびに、もっと進歩させられるところはたくさん出てきます。ここでは、技術的な面ではできることを見せることができたと思う。あとはコンポーネンツの方をさらに磨いていきたいです。

■羽生結弦(2位)

(4回転を5本入れると決めたのは)SPの後に、ほぼすぐ5本にしようと思いました。理由は(そうしなければ)勝てないとは思ってはいたけれど、何かここで成し遂げたいという風に思っていて、結果的に4ルッツと4ループをともにフリーで決められたことにぼくは嬉しく思います。あとここで何かを成し遂げたい、残したいというのは、フリーの前の日の練習もそうで、4アクセル降りたかったなと思っていたけれど、でもここでトライできたのは光栄なことだなと思います。

(ここで学んだことは)やっぱりコーチがいなかったのと、ショートを失敗してしまったというのと、4アクセルの練習ができたことと、(4回転の)ループとルッツがフリーできれいに決まったこと。いろんな経験ができました。ただもちろん全部自信につながるものになったと思いますし、色んなことを考えるきっかけになった。ただそれは隣にいるネイサンが素晴らしい演技をしなければ、そういう風に学ぶことができなかった。強くなろうと思わなかった。ネイサンに感謝したいです。

(アクセルを失敗した理由)(英語で)理由は二つあります。一つはものすごく疲れてしまっていたこと。もう一つは、前日の公式練習で4アクセルを練習していたので、ちょっと混乱してしまったことです。

■ケビン・エイモズ(3位)

まず最初に、この大会に到達した6人の選手全員に、おめでとうを言いたいと思っています。今の気持ちは、言葉では言い表すことができません。この大会で、この二人の選手と一緒にここ(記者会見の台)に並んで座ることができるとは、想像もしていませんでした。

■アレクサンドル・サマリン(4位)

SPの後、コーチたちがぼくの気持ちを切り替える助けになってくれました。すっきりと立ち直りきれずに、大きなミスはありましたけれど、ロシア選手権に向けて自分のミスを見直して、準備をしていきたいと思っています。

■ボーヤン・ジン(5位)

まだ体力的な問題があると思います。中国杯の後、ファイナルに進出できると予想していなかったので、靴を変えてしまい、この大会に向けての調整をきちんとすることができませんでした。これから帰って、四大陸選手権と世界選手権に向けてしっかり練習を続けていきたいと思っています。

コラム一覧に戻る

トピックス

競技一覧
トップへ戻る