dmenuスポーツ

フィギュアスケート

コラム

【ロシア杯】男子競技後コメント/クビテラシヴィリ「本当に嬉しい」友野「素直に自分を褒めたい」

 2021年11月29日 13:49配信

モリッシー・クビテラシヴィリ(1位)

写真:Getty Images

まずは他のメダリストにおめでとうを言いたいです。みんなすごく良く戦ったと思います。全てがうまくいったわけではありませんが、最後まであきらめずに一生懸命戦いました。表彰台の上に上がることができて、本当に嬉しいです。

(ジョージア初のGPメダルについて)ほかにも(ジョージアには)良い選手がいますし、北京では全種の選手が揃います。これも歴史で初めてのことです。

ミハエル・コリヤダ(2位)

写真:Getty Images

今は疲れていて、何と考えて良いのかわかりません。複雑な気持ちです。今日の演技は良かったことも、悪かったこともあります。ぼくのことを信じてずっとサポートしてくれたコーチチームに、感謝の気持ちを捧げたいです。GPファイナルに行けることは、本当に嬉しい。日本のファンは素晴らしいですから。とても興味深い大会になるだろうと思います。コーチと私は、将来の大会にまた何か新しいことをやろうと考えています。

友野一希(3位)

写真:Getty Images

順位については、まあメダルを取れてすごく嬉しいかなと思いますけれど、悔しい気持ちもあるんですけれど…前回と違って3位、表彰台にのれて悔しいという気持ちがあるのは、自分でもびっくりしていて。それだけショートで、自分の中で1位なれるかもしれないという可能性がある中での演技で、まあ本当に落ち着いて演技できたかな、と思います。あとは緊張で細かいミスがあって、最終滑走という初めての経験ではあったんですけど、その中でも不思議と、今までの経験もあって、落ち着いて演技することができて成長を実感した。前回とまた違って、今回は実力でもぎとった表彰台という感じがあって、素直に自分を褒めたいなというふうに思います。

田中刑事(9位)

ショートの出遅れと、ショートのミスというのを、フリーで…過ぎ去ったことは戻せないのでフリーでしっかりできなかった部分をやろうと思って滑りました。ショート、フリーそれぞれ違うイメージを持って滑りたかったので、ショートでは「エヴァンゲリオン」を表現していますけど、曲調をどう表現するかを目標に滑っています。フリーは「セッション」というジャズの曲なので、自分が音楽に溶け込めるように滑っています。

(エヴァンゲリオンは自分で選んだのか)滑りたい曲、普段は自分で選ばないんですけど、今回は自分の滑りたいという意思で選びました。

(ロシアの食事について)どの料理もぼくの口にしっかりあって、こっちに来て食でこまっていないので、良いごはんと、試合に向けて調整ができています。

コラム一覧に戻る

トピックス

競技一覧
トップへ戻る