dmenuスポーツ

コラム

【選手インタビュー】樋口 新葉選手/「自分と他人を比較しない生き方」でつかんだ 4年越しの五輪とトリプルアクセル

2022年4月21日 16:00配信キヤノン・ワールドフィギュアウェブ

写真:Raniero Corbelletti/アフロ

北京五輪では、団体戦で銅メダル(暫定)を獲得し、個人戦では五輪史上女子5人目となるトリプルアクセルを降りた樋口新葉。この4年、そして五輪を経て変化していく心境を語った。

トップ選手たちの独占インタビュー、「ジャンプ」・「スピン」の動画解説も公開中>>

気持ちも練習も変わった3季前

「トリプルアクセルがないと北京五輪には行けない」

――改めて4年前を振り返ると、どんな気持ち、どんな決意で北京五輪へのスタートを切ったのでしょうか。

4年後の五輪を目指すなら、やはりトリプルアクセルを跳びたいという思いは強かったです。でもその翌シーズンは怪我もありましたし、自分自身がどんな演技をすれば自分らしいのか分からない時期もありました。「もう五輪は厳しいんじゃないか」と感じる時もあったんですが、2019-2020シーズンにトリプルアクセルに挑戦し始めてから気持ちが変わっていきました。

――2019-2020シーズンは、四大陸選手権でトリプルアクセルを公式戦初挑戦。昨季はほとんどの試合で挑み、今季の成功へ繋げていきましたね。

やはり「トリプルアクセルを跳ばないと勝てない、北京五輪には行けない」と気持ちが固まったことで、2019年からは練習内容も変わっていきました。アクセル以外の練習は早めに終えるようにしたり、貸し切りの前半でプログラム、後半でアクセルと決めたりするなど、トリプルアクセルのための練習計画を立てました。岡島(功治)先生からは、踏み切りや空中で締めるタイミングなどのアドバイスを貰いましたし、あとは自分で感覚を見つけていきました。助走のコースやスピード感は自分の感覚でつかむしかないので、一番良いものを探して、安定させるようにしていきました。

――五輪シーズンを迎えるにあたり、プログラム選びも重要になったと思います。4年前はフリー『007スカイフォ−ル』が樋口選手の代名詞となりましたが、今季は、ショートは軽やかなメロディの『Your Song』、フリーはドラマティックな『ライオンキング』を選びました。

私としても『007』のプログラムは大好きですし、他のシーズンのプログラムもどれも気に入っていました。今季は先にフリーで『ライオンキング』を滑りたいというのが決まっていたので、ショートは雰囲気の違う曲をと考えました。自分らしさを残しつつ今までとは違う部分を出せたほうが、新しい表現も見せることができていいのではないか、と考えたんです。色々な曲を聞いていくなかで『Your Song』の歌詞が気に入りました。皆さんが私をイメージしている強さやテンポの良さがある曲調ではなかったかもしれませんが、五輪に向けて新しい気持ちで練習できたから良かったなと思っています。

――『Your Song』は20歳、21歳のシーズンにふさわしい、力の抜けた美しさを感じました。

シェイ=リーン・ボーン先生の振り付けで、佐藤紀子先生にも細かい部分を見ていただいて表現を磨きました。ショートはどうしても「ミスしてはいけない」という焦りを感じたり、気持ちが追い詰められやすいのですが、この曲は演技中ずっと笑っていないといけません。なるべく笑顔でいるうちに、笑うことによって気持ちが保たれていく感じがありました。そういう点では、焦りをうまく抑えて冷静になることができるプログラムだったと思います。最初から最後まで幸せな気持ちで滑ることができるメロディで、あまりジャンプのことばかり考えずに、軽い気持ちでジャンプを跳ぶことが出来ました。

ショート、フリーで3Aを跳び分け

シーズン中に技術と安定感を磨く

――五輪シーズンが始まり、GPシリーズ初戦・カナダ杯のフリーでトリプルアクセルを成功。さらに11月のオーストリア杯ではショートで成功させました。

ほとんどの大会でトリプルアクセルを降りられたので、試合を追うごとに自信に繋がっていきました。シーズン前半はショートとフリーで違った助走での跳び方にしていました。違うコースから入れるようになれば色々な跳び方ができるようになり、もし本番でバランスを崩しても対応することができるからです。でも最終的に五輪のときはほぼ同じコースにしました。同じコースの練習だけを重ねることで感覚が安定して狂いにくくなるので、五輪での成功確率を高めるためです。ただ、ショートは助走の時間を短くしてスピードは出さずに、曲の軽やかな感じにタイミングを合わせて軽やかに跳ぶように意識していました。

――北京五輪では、個人戦のショートとフリーでともに成功しましたね。

今季の一番の目標が五輪でトリプルアクセルを降りることだったので、それが達成できたことは本当に良かったです。むしろ成功したことで・・・・・・

写真:Raniero Corbelletti/アフロ

全文を読む>>

この4年間での成長や選手村での経験など、ここでしか読めないエピソードが盛りだくさん!

コラム一覧に戻る

関連記事

トピックス

スコア

2月23日(水)

  • G大阪 試合前 C大阪
      14:00  
  • 大分 鹿島
      試合中止  
  • 名古屋 試合前 清水
      14:00  
  • 徳島 試合前 広島
      14:00  
  • 京都 試合前
      14:00  
  • 鳥栖 試合前 札幌
      15:00  
  • FC東京 試合前 磐田
      15:00  
  • 湘南 試合前 福岡
      15:00  

一覧を見る

7月9日(土)

  • 沼津 試合前 讃岐
      16:00  
  • YS横浜 試合前 八戸
      17:00  
  • 相模原 試合前 藤枝
      18:00  
  • 松本 試合前 富山
      18:00  
  • 鳥取 試合前 北九州
      18:30  
  • 鹿児島 試合前 福島
      19:00  

7月10日(日)

  • 長野 試合前 今治
      19:00  
  • 岐阜 試合前 いわき
      19:00  
  • 愛媛 試合前 宮崎
      19:00  

一覧を見る

4月27日(水)

  • アルドゥハイル 試合終了 セパハン
    5 - 2
  • アルジャジーラ 試合終了 アルシャバブ
    0 - 2
  • ムンバイシティ 試合終了 エアフォース
    1 - 0
  • フーラード 試合終了 アルアハリ
    1 - 1
  • アハル 試合終了 アルガラファ
    4 - 2
  • パフタコール 試合終了 アルタアーウン
    5 - 4

4月28日(木)

  • アルワフダート 試合終了 ナサフ
    2 - 2
  • アルヒラル 試合終了 アルラーヤン
    0 - 2
  • イスティクロル 試合終了 シャールジャFC
    2 - 0
  • アルサッド 試合終了 アルファイサリー
    1 - 0

4月30日(土)

5月1日(日)

一覧を見る

競技一覧

競技一覧
トップへ戻る