dmenuスポーツ

フィギュアスケート

選手情報

ロシアアレクサンドラ・トゥルソワAlexandra Trusova

2020年11月27日現在

写真:Getty Images
生年月日 2004年6月23日
出身 ロシア・リアザン
身長 155cm
趣味 読書、家族と過ごすこと、犬のティナ
コーチ エフゲニー・プルシェンコ、ドミトリー・ミハイロフ
今季プログラム SP『Love Story』『Appassionata』
FS『「ロミオとジュリエット」より』
自己ベスト 241.02
SP自己ベスト 74.95
FS自己ベスト 166.62(世界記録)
主な成績 世界ジュニア選手権優勝(2018,2019)、ジュニアGPファイナル優勝(2017)

「女子4回転時代」の旗手といえる存在。2019-20シーズンにシニアデビューを果たすと、4回転ルッツ、4回転フリップと最高難度のジャンプを軽々と決め、さらに4回転-3回転のコンビネーションも構成に組み込む離れ業でグランプリシリーズを席捲した。その得点は男子の大会でも優勝を狙えるレベルで、まさに女子フィギュアに革命を起こしたといえよう。表現力の面で課題が残るが、そこは今季から師事するプルシェンコのもとでどこまで伸ばしていけるか。飼い犬を溺愛しており、愛犬を膝に乗せて記者会見に出席することも。

プログラム紹介

SP・FSともに、ソチ五輪アイスダンス銅メダリストのエレーナ・イリニフが振り付けており、昨季までとは違うトゥルソワの魅力を引き出すプログラムとなっている。『Love Story』『Appassionata』を使うSPでは、哀愁を帯びた曲調を表現。FS『ロミオとジュリエット』では重厚な旋律に乗り、力強いスケーティングをみせる。SPでは3アクセル、FSでは3種類(トウループ・サルコウ・ルッツ)4本の4回転に挑む、女子としては最高難度のプログラムだ。

プログラム紹介:沢田聡子

ニュース

    もっと読む閉じる

    コラム

    コラムをもっと見る

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る