dmenuスポーツ

フィギュアスケート

選手情報

ロシアカミラ・ワリエワKamila Valieva

2022年1月16日現在

写真:Getty Images
生年月日 2006年4月26日
出身 ロシア・モスクワ
身長 160cm
趣味 ダンス、絵を描くこと
コーチ エテリ・トゥトベリゼ、セルゲイ・デュダコフ、ダニイル・グレイヘンガウス
今季プログラム SP『In Memoriam』
FS『ボレロ』
自己ベスト 272.71(世界記録)
SP自己ベスト 90.45(世界記録)
FS自己ベスト 185.29(世界記録)
 

ジュニア時代から北京五輪の優勝候補と目され、シニアデビューと同時に期待を上回る躍進をみせているロシアの至宝、カミラ・ワリエワ。スケートカナダ・ロシア杯と圧倒的な力をみせて優勝し、現在SP・FS・合計のすべてで世界最高得点を保持している。他選手の戦意を挫くことから“絶望”と呼ばれるワリエワの強さの理由は、技術と芸術の両面で優れているところにある。質の高い4回転とトリプルアクセルを跳び、バレリーナのような美しい動きで魅了するワリエワは、一気に五輪の頂点へと駆け上がるのだろうか。

プログラム紹介

SP『In Memoriam』では、夢を象徴する蝶を追いかける少女を演じる。物悲しい旋律を、美しい身体表現とスケーティングで表現する。FSで使用するのは、フィギュアスケートにおいて特別な意味を持つ名曲『ボレロ』。優しい雰囲気を醸し出すSPとは対照的に、ダイナミックな強い滑りで魅了する。SPではトリプルアクセル、FSでは2種類3本の4回転とトリプルアクセルを組み込む高難度構成だ。どちらのプログラムでも、両手を上げて跳ぶジャンプとバレエの素養に基づく端正な所作が印象に残る。

文:沢田聡子

ニュース

    もっと読む閉じる

    コラム

    コラムをもっと見る

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る