dmenuスポーツ

フィギュアスケート

選手情報

日本三原 舞依Mai Mihara

2021年12月18日現在

写真:Getty Images
生年月日 1999年8月22日
出身 兵庫県神戸市
身長 158cm
所属 シスメックス
趣味 フィギュアスケート鑑賞、けん玉、人の誕生日を覚えること
コーチ 中野園子、グレアム充子、川原星、清水まりえ
今季プログラム SP『I Dreamed A Dream』
FS『Fairy Of The Forest』『Galaxy』
自己ベスト 214.95
SP自己ベスト 70.94
FS自己ベスト 144.49

病気や体調不良を乗り越えてきた三原舞依は、北京五輪シーズンに入り存在感を発揮している。10月に行われた北京五輪テスト大会、アジアンオープントロフィーで優勝。ロシア勢が席捲するグランプリシリーズでも、スケートカナダ・イタリア大会で4位という成績を残した。人柄がにじみ出る透明感のある滑りは、観る者を魅了する。2017年四大陸選手権チャンピオンである三原は、4年前の平昌大会では出場できなかった五輪の舞台を目指す。

プログラム紹介

デイビッド・ウィルソンが振り付けたSPは、思い入れの深い『レ・ミゼラブルより I Dreamed A Dream』を使う。ミュージカルのヒロインによる歌唱に、自らの競技人生を重ねて表現する。FS『Fairy of the Forest 』『Galaxy』はローリー・ニコルの振り付けで、昨季から継続のプログラムとなる。繊細なピアノ曲に乗り、三原が森の妖精を演じる。丁寧なエッジワークで滑っていく終盤のステップとコレオシークエンスには、三原の魅力が詰まっている。SP、FSともに3ルッツ+3トウループを組み込む。

文:沢田聡子

関連ニュース

    もっと読む閉じる

    コラム

    コラムをもっと見る

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る