フィギュアスケート

選手情報

日本宮原 知子Satoko Miyahara

2017年10月19日現在

写真:Getty Images
生年月日 1998年3月26日
出身 京都府京都市
身長 152cm
所属 関西大学
趣味 料理、読書、本気のウィンドウショッピング、好みの音楽を探す
コーチ 濱田美栄、田村岳斗、キャシー・リード、新野陽子
今季プログラム SP 映画『SAYURI』(振付:ローリー・ニコル)
FS オペラ『蝶々夫人』(振付:トム・ディクソン)
自己ベスト 218.33
SP自己ベスト 76.49
FS自己ベスト 143.69
主な成績 世界選手権2位(2015)、GPファイナル2位(2015、2016)、四大陸選手権優勝(2016)、全日本選手権3連覇(2014~2016)、全日本ジュニア選手権連覇(2011、2012)

努力のミス・パーフェクト

昨季全日本選手権3連覇を果たした後、怪我で長期離脱したが、安定感は世界でも傑出する。長く指導する濱田コーチは「上達が早いタイプの選手ではなかった」と評する。天性の克己心と集中力を持つ、その宮原の練習の苛烈さは、幼少から伝説的に語り継がれるほどだ。それが確実性を生み、繰り出される技術の精度は、演技の全ての瞬間に流れと美しさをもたらしている。
2人の北米振付師による2つの“和”のプログラムは、宮原が高めてきた表現の繊細さや幅を引き立たせる。同じ和の趣でも、SPでは艶やかでスリリングな芸者の世界を、FSでは恋愛の幸いや別れを見せながら、芯の強い2人の大和撫子としてプログラムの中に生きている。

文:Pigeon Post 島津愛子

宮原 知子 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    コラム

    コラムをもっと見る

    トピックス

    トピックス