dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
秋華賞
平地 芝 右・2000m 18頭

サラ系 3歳 (国際)牝(指定)馬齢

本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円

唯一のGI馬ダノンファンタジー、牝馬3冠最終戦を制すことができるか!?

2019年10月8日 12:33配信

桜花賞馬とオークス馬が不在となってしまった今年の秋華賞。しかし両レースの上位馬は出走予定で、メンバーとしてはまずまず充実していると言える。
 
春二冠を4,5着のあと、秋の初戦ローズSを快勝したのが2歳女王ダノンファンタジー。そのローズSは位置取りを下げるときに折り合いを欠いたうえ、前に行った2頭が2,3着に残るスローペースだったが、これを見事に差し切った。レースの最速ラップが残り400~200mの10.5秒という上がり勝負を、後ろから勝ったのだから当時のメンバー内では格が違った。ローズS→秋華賞は阪神外回り→京都内回りと大きく条件が変わるが、結局は好走馬がまた好走することも多い。特にペースが緩くなるとこの馬にとっては有利だ。
 
春二冠は桜花賞がスロー寄りの上がり勝負、オークスはよどみのないタフな競馬で全く色彩が異なったが、その両方で3着と好走しているのがクロノジェネシス。勝ち運に恵まれないところはあるが、対応力の幅が広くて崩れないという強みがある。よほど位置取りを間違えたり、馬群に包まれたりしないかぎり上位に食い込む可能性は高そうだ。
 
オークス2着のカレンブーケドールはディープインパクト産駒ではあるがキレよりは持続力で勝負するタイプ。オークスはそれを自覚して早めからレースを積極的に動かしていくスタイルで好走したが、差しタイプが強い秋華賞だと戦略の立て方が難しいところ。逃げ馬がどういうペースを作ってくれるかによって結果が大きく変わってきそうだ。
 
ペースを作るのはおそらくコントラチェック。フラワーカップでは起伏のないラップで逃げたし、番手からジョディーを追走したオークスも極端にラップの落ちるところはなかった。ただ、今回は逃げ馬1頭で鞍上がルメール騎手。逃げるにしてもどのようなペースで逃げるかが読みづらいところだ。また、他の馬が逃げた場合にコントラチェック自身は番手からの競馬でいいが、他の有力馬たちがプランを崩される可能性はある。
 
ローズSの2着以下では、まずビーチサンバがある程度ここでもやれそう。ただ新馬戦以来勝っていないことで分かるように、1着を取るシナリオはイメージしづらい馬。スローになると自身以上に決め手のある馬が何頭かいるし、流れが厳しくなると2000mではスタミナがもつか微妙。内枠を引き、ロスの少ない競馬をしないと1着に近いところまで迫るのは難しいかもしれない。
 
桜花賞2着のシゲルピンクダイヤも距離が問題になる。ダイワメジャー産駒は芝2000m以上の重賞で10月1日時点[0-6-8-95]。この馬もかなり良い決め脚を持っているが、距離の不安が勝ってしまうところはある。桜花賞時の和田騎手はかなり上手く乗ったので、それを再現できるかどうかという点も課題になってくるだろう。

text by 須田 鷹雄

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る