dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
エリザベス女王杯
平地 芝 右 外回り・2200m 18頭

サラ系 3歳以上 (国際)牝(指定)定量

本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円

3歳馬vs古牝馬の女王決定戦!最有力候補は無敗のラヴズオンリーユーか!?

2019年11月4日 12:10配信

現役最強牝馬アーモンドアイは天皇賞秋に出走し、このエリザベス女王杯に出走する古牝馬でG1勝ちのタイトルがあるのはラッキーライラックだけ。今年は3歳馬が人気の中心になりそうだ。

ラヴズオンリーユーは右前の蹄を傷めて9月はじめには秋華賞の回避を発表。しかし目標をエリザベス女王杯に切り替えてからは順調だったようで、本番には一定以上の状態で出走できそうだ。オークスはかなり厳しい流れでスタミナ切れになる馬も多かった中、1頭だけ力強い差し脚で優勝。とにかくスタミナに優れた馬で、厳しい流れになると今回も強みを発揮する。一方で血統的には瞬発力勝負も可能なはず。状態さえ整えばやはり今回の最有力候補だ。

クロノジェネシスは秋華賞で念願のタイトルを獲得。レース前半が58.3秒、後半が61.6秒という厳しい流れを乗り切って、どちらかというと上がり勝負に強いイメージだった春までとは異なる一面を見せた。当時20キロ増えていた馬体重は完全に成長分で、むしろ春は維持に苦労していたというか、やや細めだったようにも思う。どんな展開になってもそれなりに対応できるところが強みで、前走は勝ち切ったがどちらかというと確実に2,3着までには来る、大崩れは無いというタイプだろう。

古馬の代表格として参戦するのが、かつての2歳女王・ラッキーライラック。チューリップ賞を最後に1着がないが、レース内容はそこまで悪くない。秋華賞で9着と大敗しているので京都の中距離は印象が良くないかもしれないが、内回りと外回りではレース条件としてだいぶ違う。前走で3着してきた府中牝馬SはG3時代にはエリザベス女王杯の好走馬をほとんど出せなかったステップレースだが、G2に昇格してからは本番に繋がるようになってきている。

その府中牝馬Sを制したのがスカーレットカラー。4走前のパールSは好位からの抜け出しで勝ったが、重賞に挑むようになってからは後方で溜めて末脚に賭ける戦法に転じ。それが成功している。勢いは魅力だが、脚質的にうまくいくときとそうでないときの差はありそうだ。

クロコスミアは昨年、一昨年の2着馬。とにかく相性の良いレースだし、昨年も8,7,8,5着からの参戦で人気を落としていたので今年も激走する可能性はある。ウラヌスチャームは京都大賞典7着からの参戦だが、牡馬一線級相手の大敗はノーカウントにしてよい面がある。スカーレットカラーが届くような前崩れの展開だとこの馬あたりが人気薄でも付いてくる可能性がある。

text by 須田 鷹雄

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る