dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
第81回 菊花賞
芝 右 外回り・3,000m 18頭

3歳 (国際)牡・牝(指定) 馬齢

本賞金:12,000、4,800、3,000、1,800、1,200万円

無敗の3冠制覇目指すコントレイルが中心 意外なあの馬にも注目

2020年10月20日 11:06配信

コントレイルが無敗の3冠制覇を達成するかどうかが注目される菊花賞。おそらくその可能性は高いだろう。

今年の神戸新聞杯は中京芝2200mで行われたが、例年の阪神芝2400mのほうがコントレイルのようなタイプの馬には向いていたはず。しかも内枠を引いたことで捌きのリスクがあったのだが、一瞬進路ができただけでもう抜け出していた。菊花賞の行われる京都芝3000mは外回りコースで、イン詰まりのようなことは起こりにくいコース。また最近の菊花賞は極端にスタミナを求められるものでもなく、2400mのダービーを完勝した馬なら基本的にはこなせる条件だ。

2番人気に推されるのはヴェルトライゼンデかと思うが、打倒コントレイルの方法はなかなかに難しい。ダービー・神戸新聞杯とも完敗という感じだし、後ろから行ってコントレイルを差そうというのはおそらく無理だ。好勝負ができるとしたら、ひとつは道悪になったとき。もうひとつはタフな流れになってスタミナを要求される形になった場合だろう。血統の字面そのものは、コントレイルよりも3000mに向くものを持っている。

バビットはHBAオータムセールで162万円、育成されて上場されたHBAトレーニングセールで540万円という馬。それが堂々とG2に勝利し菊花賞へと名乗りをあげた。父ナカヤマフェスタは種牡馬として成功しているとは言い難いが、ガンコやヴォージュなどたまに大物を出す。打率が伴わないのは長距離タイプゆえ現在の競馬番組に合わないことが原因だろうから、逆に菊花賞では楽しみな面がある。逃げ馬なので、展開次第ではコントレイルをドキっとさせることも可能。自分を信じての大逃げに活路を見出す。

アンティシペイトは3連勝からの参戦。かつてはよく好走した前走2勝クラス組だが、近年はそれほどでもない。バビットと脚質的にバッティングするのも問題。それでも連勝の勢いには魅力がある。
アリストテレスも2勝クラスを勝っての参戦。こちらは若駒S2着、すみれS2着とオープンでの好走歴がある。好位に構えて上位進出を狙う。

サトノフラッグは弥生賞優勝時にかけられた期待には応えきれていないが、それでも有力馬の1頭であることは間違いない。3~4コーナーで捲るタイプなので、そのタイミングがドンピシャで展開とマッチした場合には上位争いに加わりそうだ。
ディープボンドはダービー5着・神戸新聞杯4着とまずまずの成績。今回はコントレイルの露払いをする役割をしなくてはならないかもしれないが、自身も京都コースは得意としており、人気以上の走りを見せたいところだ。 

text by 須田鷹雄

トピックス

競技一覧
トップへ戻る