dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
第162回 天皇賞(秋)
芝 左・2,000m 12頭

3歳以上 (国際)(指定) 定量

本賞金:15,000、6,000、3,800、2,300、1,500万円

アーモンドアイ8冠達成の確率は?勝敗を左右するのは“レース条件”

2020年10月27日 10:24配信

今年の天皇賞秋は登録時点でフルゲート18頭に対し12頭ということになった。やはりアーモンドアイの存在が大きく影響しているのだろう。

そのアーモンドアイは安田記念を負けたあとぶっつけ本番で天皇賞秋という昨年と同じローテーション。この馬に限らずノーザンファームの一流馬は叩き台としてのレースを必要としなくなっており、このローテは不安材料にならない。安田記念にしてもグランアレグリアが強すぎたと見ることができる。

東京芝2000mはアーモンドアイにとっておそらくベストの条件。昨年と同様5番手あたりでレースを進めれば、頭数が少ないこともあって直線進路を探す苦労はないし、決め手の差で勝利を手にできる確率は高いだろう。

立ちはだかる存在があるとしたら、同じノーザンファーム産牝馬のクロノジェネシス。エリザベス女王杯で5着になった以外はすべて馬券に絡んでいるという安定味があるし、牡馬相手のG1を連勝中だ。純粋に切れ味だけで勝負するとアーモンドアイに対し分が悪いが、より前の位置で競馬をするという選択肢もある。また、雨が降った場合の馬場適性もこちらのほうが上だろう。

G1実績ということならフィエールマンもそれなりの存在だが、東京芝2000mという条件がどうか。新馬戦以来の東京だし、そもそも距離がやや不足しているようにも思える。勝つことを考えるなら前半なるべくアーモンドアイに近い位置でレースを進め、そのうえで同馬より速い上がりを使うことが必要になるが、それができるかどうか。

同様にブラストワンピースも距離と東京コースがやや心配。勝つかどうかは別として見せ場を作るということならば、やや格は落ちてもダイワキャグニーのような東京を得意とする先行馬のほうがまだ可能性を持つように思える。

今回は逃げ馬らしい逃げ馬がいないのだが、ダノンの2頭、ダノンキングリーとダノンプレミアムのどちらかが行ってもよいように思う。特にダノンキングリーは逃げた大阪杯で3着に残っているし、東京コースとの相性も悪くない。

ダノンプレミアムはこれまで逃げたことはないのだが、ほとんどのレースで好位につけてきた。アーモンドアイに近い位置からの競馬では勝負にならないことが昨年の結果で分かっているので、より思い切った競馬をすることも選択肢かと思う。

逆にキセキは後方からじんわり捲る競馬が定着してきたのでもう逃げるという選択肢はないのだろう。あとは上昇するタイミングとラップの緩みが合致するかどうか。それによって結果も大きく変わってくる。 

text by 須田鷹雄

トピックス

競技一覧
トップへ戻る