東京五輪2020

アーチェリー

競技紹介・ルール

アーチェリー

70m離れた場所に設置された的に向かって矢を放ち、得点を競い合うアーチェリー。直径122cmの的は1~10点を示す円の帯が並んでおり、中心部が10点。外側に向かうにつれて点数が小さくなっていき、1点の帯よりも外側に矢が刺さると0点となります(的の中心は地上面から130cmの高さ)。ちなみに10点の的の直径は12.2cmでCDとほぼ同じ大きさになります。東京2020大会では男女の個人・団体とともに、男女混合団体が新種目として行われます。

個人戦ではまず「ランキング・ラウンド」と呼ばれる予選が行われます。64人が参加する予選では一人72本(満点720点)の矢を放ち、その合計点で1位から64位を決定。その後のトーナメント戦では1位対64位、2位対63位という具合に予選の順位をもとに対戦相手が決まります。

トーナメントでは5セットマッチで行われ、1セットで一人3本(満点30点)の矢を対戦相手と交互に放ち、得点の高い方の選手に2ポイントが与えられます(引き分けの場合は両者1ポイントずつ)。これを最大5セットまで行い、6ポイント先取で勝利となります。最終セットでポイントが同点の場合は「シュートオフ」と呼ばれる延長戦が行われ、選手それぞれ一射ずつ放ち得点が高い選手が勝利。同点の場合は中心に近い選手が勝ちとなります。中心からの距離も同じ場合は再び矢を放ち、勝敗が決するまで繰り返します。

団体戦では、個人戦で行ったランキング・ラウンドの点数をもとに国別で順位を決め、16カ国がトーナメントに進出。1位対最下位のチームという形で対戦相手が決まります。試合は1チーム3人構成で一人2射ずつ(計6射)行い、最大4セット実施。各セットの勝者に2ポイント、同点の場合は1ポイントが与えられ、先に5ポイントを取ったチームが勝利となります。4セット終了後、同ポイントの場合はシュートオフ(3選手×1射)で決着をつけます。なおシュートオフでも同点となった場合は放った矢を比較し、より10点に近い標的を射抜いたチームが勝ちとなります。

2019/01/11 配信

アーチェリー 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    to TOP

    close