dmenuスポーツ

東京五輪2020

サッカー

競技紹介・ルール

サッカー

試合中唯一ボールを手で扱うことのできるゴールキーパーを含めた1チーム11人で行うサッカーは、足や頭、胴体で1つのボールをコントロールし、相手ゴールに入れて点数を競い合うスポーツです。

手や腕でボールを触れることは反則となるため、ボールの移動手段はほとんど足で行います。ドリブル、パスといった基本技を繰り出しながら敵陣を攻め、前後半45分(試合時間90分)内に相手よりも点数を奪ったチームが勝ちとなります。競技では、まず男女とも1グループ4チームずつに分かれてリーグ戦を行い、試合の結果により「勝ち=勝ち点3、引き分け=勝ち点1、負け=勝ち点0」がチームに与えられます。

男子の場合は、得た勝ち点の各グループ上位2チーム。女子の場合は、得た勝ち点の各グループ上位2チームと、全グループの3位チームによる上位2チームが決勝トーナメントに進出します。決勝トーナメントでは試合時間90分内に決着がつかなかった場合は前後半15分ずつの延長戦を行い、それでも決着がつかない場合はPK(ペナルティーキック)戦によって勝敗を決めます。ただし、3位決定戦は決勝戦と同日かつ同会場での開催の場合、延長戦を行わずPK戦で勝敗を決めます。

出場国は男子16チーム・女子12チームで、男子の場合は23歳以下の選手(1997年1月1日以降に生まれた選手)でチームを構成しなければいけませんが、24歳以上の選手(オーバーエイジ)を最大3人まで加えることができます。一方女子は年齢制限がありません。

2019/03/07 配信

サッカー 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る