dmenuスポーツ

東京五輪2020

アーチェリー(パラリンピック)

競技紹介・ルール

アーチェリー

的をめがけて矢を放ち、当たった場所によって得られる点数を競い合うアーチェリー。そのルールはオリンピックと同様の競技規則に沿って行われますが、手・足・体幹などに障がいを持った選手が出場対象のパラリンピックのアーチェリーは、障がいの種類や程度に応じてルールの一部変更や用具を工夫することが認められています。

さまざまな種類とレベルの異なる障がいのある選手が参加するアーチェリーでは、運動機能によって選手をW1(四肢まひもしくはそれに相当する障がいがあり、車いすを使用)、W2(下半身まひもしくはそれに相当する障がいがあり、車いすを使用)、ST(立ち、またはいすに座って競技)の3つのクラスに分類され、W1の選手は「W1オープン」、W2とSTの選手は「リカーブオープン」か「コンパウンドオープン」のいずれかに出場することができます。リカーブとコンパウンドは弓の名前を指し、リカーブは通常のアーチェリーでも使用される一般的な弓。コンパウンドは弓の上下に「カム」と呼ばれる滑車が取り付けられており、このカムが作用すること弦を引く力が弱くても矢を遠くまで飛ばすことができます。

・リカーブオープン(個人男子・女子、チーム混合)
70m離れた距離から直径122cm(10リング)の的をめがけて矢を放ち、的の中心が10点。そこから外側に向けて同心円状に9~1点と下がっていき、的に矢が刺さらなかった場合は0点となります。予選のランキングラウンドでは全選手が72射を放ち、その合計点で決勝トーナメントの組み合わせを決定します。

決勝ラウンドでは3射5セットで、制限時間20秒以内に1射を放ち、それを交互に射ち合います。3射の合計点の勝者は2ポイント、引き分けは1ポイント、敗者を0ポイントとして計算し、先に6ポイント以上を獲得した選手が勝ち上がりとなります。5セット終了で同点の場合は延長戦(シュートオフ)を行い、1射ずつ射ち合って点数の高い選手が勝利。同点の場合は、的の中央から距離の近い位置に矢を刺した選手が勝者となります。また男女2人1組による混合も5セットマッチで行われ、5ポイント以上先取したチームが勝ちとなります。

・コンパウンドオープン(個人男子・女子、チーム混合)
50m離れた距離に設置された80cm(6リング)の的をめがけて矢を放ち、的の中心が10点。そこから外側に向けて同心円状に9~5点と下がっていき、的に矢が刺さらなかった場合は0点となります。リカーブと同様に全選手がランキングラウンドに参加しトーナメントの組み合わせが決定。決勝ラウンドでは3射5セットで、制限時間20秒以内に1射を放ち、それを交互に射ち合います。15射終了時点で合計得点の高い選手が勝ち上がり。同点の場合はシュートオフで勝敗を決めます。また男女2人1組による混合では、1エンドにつき1人2本ずつの計4射を放ち、4エンド終了時点で合計得点の高いチームの勝ちとなります。

・W1オープン(個人男子・女子、チーム混合)
コンパウンドと同様に50m離れた距離に設置された80cmの的をめがけて矢を放ちますが同心円は10あり、中心から外側に向けて10~1点が設けられています。ランキングラウンドを経て行われる決勝トーナメントでは3射5セットで、制限時間20秒以内に1射を放ち、それを交互に射ち合います。15射終了時点で合計得点の高い選手が勝ち上がり。同点の場合はシュートオフで勝敗を決めます。なおW1オープンでは、リカーブまたはコンパウンドの弓のいずれかを選んで使用することができます。男女2人1組による混合では、1エンドにつき1人2本ずつの計4射を放ち、4エンド終了時点で合計得点の高いチームの勝ちとなります。

2019/03/29 配信

アーチェリー(パラリンピック) 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    トップへ戻る
    close