dmenuスポーツ

東京五輪2020

柔道(パラリンピック)

競技紹介・ルール

柔道

視覚障がい者のみで行う柔道は、オリンピックのルールとほとんど変わりません。白色と青色の柔道着をまとった選手が制限時間4分以内に「一本」を先に取った方が勝ちとなります。また、1試合で技ありを2度獲得すれば「合わせ技一本」となり、一本と同等とみなされ試合が終了。4分の制限時間内で勝敗が決まらなければ時間無制限の延長戦(ゴールデンスコア)を行い、一本もしくは技ありが決まった時点で試合は終了します。

オリンピックの柔道と大きく違う点は「試合開始の方法」です。通常は畳の中央で2人の選手が離れた状態で試合を開始しますが、視覚障がい者の場合は最初からお互いのえりとそでを持ち、組み合った状態で試合を始めるのがパラリンピックの柔道の特徴です。両者がお互いに組んだ状態で主審が「はじめ」の宣告し試合開始。 試合中に両者が離れた時は「待て」となり、試合開始位置に戻って再開となります。

また、他の競技では全盲から弱視まで障がいの程度で種目を区別しますが、柔道にはありません。男子は60kg級、66kg級、73kg級、81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級の7階級。女子は48kg級、52kg級、57kg級、63kg級、70kg級、70kg超級の6階級と、男女とも体重別で行われます。試合中に介助を必要とする全盲の選手は、赤い円形のマークが両袖外側に縫い付けられています。

2019/01/11 配信

柔道(パラリンピック)関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る