dmenuスポーツ

東京五輪2020

テコンドー(パラリンピック)

競技紹介・ルール

テコンドー

東京2020大会から正式競技となったテコンドーは日本の空手をルーツとする「蹴る」ことに特化したスポーツで、韓国の国技とされています。障がい者スポーツにおいてのテコンドー(パラテコンドー)は上肢障がい選手が対象のキョルギ(組手)と、知的障がい選手が対象のプムセ(型)がありますが、パラリンピックではキョルギのみが実施されます。

また障がいの程度により「両腕欠損(K43)」と、「片腕欠損・片腕機能障害・片麻痺および単麻痺(K44)」の2クラスに分けられますが、競技自体は両クラスを統合して行われます。階級は男子が61kg未満・75kg未満・75kg以上の3階級。女子は49kg未満・58kg未満・58kg以上の3階級によりメダル争いが繰り広げられます。

ルールはオリンピックのテコンドーとほぼ同じで、道着の上に赤と青それぞれのプロテクターとヘッドギアを装着した選手同士が八角形のコート上で戦います。試合時間は1ラウンド2分間で最大3ラウンドを戦います。

パラテコンドーでは頭への攻撃が禁止されており、胴体のプロテクターに対してかかと落としや後ろ回し蹴りなど有効な蹴り技を決めた場合のみ得点が入ります。胴に蹴りが入ったら2点、そこから180度の回転が加わった後ろ蹴りが3点、後ろ蹴りから軸足を入れ替えて360度の回転蹴りが決まれば4点が加算されます。ちなみにパンチは得点になりません。

最終的には獲得したポイントにより勝者を決めますが、試合時間内に相手がダウンし10カウント以内またはレフリーストップによるノックアウト勝ちや、反則を積み重ねて失格により試合が終わるケースもあり勝敗パターンはさまざまです。

2019/03/07 配信

テコンドー(パラリンピック) 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る