dmenuスポーツ

プロレス

最新情報

レスリングどんたく 2021 – 福岡・福岡国際センター

2021年5月4日 00:00配信

記事提供:

レスリングどんたく 2021

日時
2021年5月3日(月)  16:30開場 18:00開始  
会場
福岡・福岡国際センター  
放送
バナー
観衆
2,211人

HIGHLIGHTS

ジェイが無法ファイトで棚橋からNEVER強奪!
タイチはアイアンフィンガーを執念の奪還!
ザックがロアを仕留めIWGPタッグ挑戦権獲得!

★月額330円!試合詳細&コメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ! Apple Pay、GooglePay決済もスタート!!

 5月3日(月・祝)、福岡・福岡国際センターで『レスリングどんたく 2021』二連戦の初日を迎えた。

 第1試合は矢野通&天山広吉&タイガーマスク&マスター・ワトvsEVIL&高橋裕二郎&石森太二&ディック東郷。試合終盤、タイガーが石森に雪崩式ダブルアームスープレックスを炸裂。続いてタイガースープレックスを狙うも、東郷がカット。すかさず石森がサイファーウタキでタイガーの動きを止め、最後はリバース・ブラディークロスで3カウントを奪取した。

 第2試合はオカダ・カズチカ&YOH&SHOvs鈴木みのる&エル・デスペラード&金丸義信。明日の5.4福岡のIWGPジュニアヘビー級王座戦を前に、気合い充分の挑戦者YOHは王者デスペラードに奇襲攻撃。今シリーズ初登場となるオカダもエネルギッシュなファイトを見せる。だが、鈴木軍もラフ&テクニックで応戦し、YOHのヒザに集中攻撃。しかし、最後はYOHが意地のDIRECT DRIVEで金丸にフォール勝ちを収め、明日の決戦に向け勢いを見せた。

 第3試合は鷹木信悟&内藤哲也&SANADA&BUSHIvsウィル・オスプレイ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ&ジェフ・コブ。明日の5.4福岡でIWGP世界ヘビーを懸けて激突する王者オスプレイと挑戦者・鷹木は、序盤からヒートアップ。その攻防に刺激を受けるように、両軍それぞれが持ち味を発揮し、総力戦を繰り広げる。終盤、ヘナーレはSANADAに対しStreets of Rageの体勢に。だが、SANADAは回避するとオコーナーブリッジで丸め込み、電光石火の3カウントを奪取した。試合後、オスプレイは鷹木にストームブレイカーを狙うも、切り抜けた鷹木は逆にラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に。オスプレイも回避するが、不敵に笑う挑戦者に驚きの表情を見せた。

 第4試合ではIWGPタッグ王座挑戦権争奪戦として、ザックとロアが対決。
ザックが勝利した場合、タイチとのコンビでG.o.DのIWGPタッグ王座への挑戦権を獲得。しかし、ザックが敗れた場合、今後IWGPタッグへの挑戦権を失うという条件で行なわれた一騎打ちは、ロアが豪快なパワーファイトを敢行。しかし、ザックもテクニックで対抗し、丁々発止の攻防に。終盤、ロアはエイプシットを狙うも、ザックは横十字固めで切り返し、技アリのフォール勝ちをスコア。タッグ王座への挑戦権をゲットした。

 第5試合はタイチとタマがアイアンフィンガーフロムヘル争奪ラダーマッチで激突。リング上に吊るされたアンアンフィンガーを獲得したほうが勝者となる一戦は、序盤からラダーを巡り乱戦に。試合が佳境に入ると、邪道やロア、DOUKIやザックも介入し、さらに大混戦となる。終盤、タイチとタマはラダー上でつばぜり合い。そして、タマはリングに設置された机に向けてガンスタンを仕掛けるも、タイチが踏ん張ってこらえると、一人で落下。その衝撃で机は真っ二つに割れ、タマはグロッキー状態に。ここでタイチは「飯塚ー!」と雄叫びを上げると、ついにアイアンフィンガーを獲得。タイチの執念が実を結んだ。

 メイン(第6試合)は棚橋弘至の保持するNEVER無差別級王座にジェイ・ホワイトが挑戦。『NEW JAPAN CUP』2回戦で棚橋を下したジェイは、史上初の4冠制覇を成し遂げるべく、NEVER挑戦をアピール。ベルトを懸けたリマッチが実現することに。
 両者は互いにヒザ攻めを軸に、イニシアチブを取り合う。終盤、ジェイは掟破りのテキサスクローバーやTTO(タナ・タップアウト)で王者を追い込んでいく。苦しい戦いとなった棚橋だが意地の反撃。ブレードランナーをスリングブレイドで切り返すと、ハイフライフローをジェイのヒザに炸裂。ダメージでのたうち回るジェイを、棚橋はテキサスクローバーで捕獲。たまらずジェイはタップするも、外道がレフェリーの気をそらしていたため、幻の勝利に。そして、ジェイは棚橋のドラゴンスープレックスを切り抜けると、一気にブレードランナーを炸裂。接戦を制し、王座奪還に成功した。試合後、ジェイはマイクを握ると「まだ、俺の時代だ!」と勝ち誇った。


★スマホサイト会員に『GW大プレゼント祭り』開催中!飯伏、SHO&YOHのチェキ付きサイン色紙!内藤、オーカーンのサイン入りTシャツなど満載!!

    RESULT

    第1試合 20分1本勝負

      試合詳細を見る

      第2試合 20分1本勝負

        試合詳細を見る

        第3試合 30分1本勝負

          試合詳細を見る

          鷹木とオスプレイがあわや大乱闘!

          試合詳細を見る

          第4試合 60分1本勝負
          IWGPタッグ王座挑戦権争奪戦

            15分12秒横十字固め
            ※タイチ&ザックがIWGPタッグ王座挑戦権を獲得

            試合詳細を見る

            第5試合 時間無制限1本勝負
            アイアンフィンガーフロムヘル争奪ラダーマッチ

              試合詳細を見る

              タイチがアイアンフィンガーフロムヘルを“供養”!

              試合詳細を見る

              第6試合 60分1本勝負
              NEVER無差別級選手権試合

              • <第32代チャンピオン>
              • <チャレンジャー>
              39分01秒ブレードランナー→片エビ固め
              ※棚橋が2度目の防衛に失敗。ジェイが第33代チャンピオンとなる。

              試合詳細を見る

              “4冠”達成のジェイが勝利のマイクアピール!【エンディング】

              試合詳細を見る

              新日本プロレス大会レポート一覧に戻る

              競技一覧
              トップへ戻る