dmenuスポーツ

プロレス

最新情報

KIZUNA ROAD 2021 – 東京・後楽園ホール

2021年6月17日 00:00配信

記事提供:

映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021

日時
2021年6月16日(水)  17:30開場 18:30開始  
会場
東京・後楽園ホール  
放送
バナーバナー
観衆
319人

HIGHLIGHTS

「もう少しチャンピオンらしくプロレスしろよ」
CHAOSvsBULLETは石森が一人残りで勝利!
内藤&SANADAがザックからもサインをゲット!
IWGPタッグ王座戦実現に向けて前進!?

★月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!! 

 6月16日(水)、後楽園ホールで『KIZUNA ROAD 2021』第3戦が行なわれた。

 メインイベント(第5試合)は後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI&YOH&SHOvsEVIL&高橋裕二郎&ディック東郷&石森太二&エル・ファンタズモ。6.22後楽園のNEVER無差別級6人タッグ王座戦(王者・後藤&石井&YOSHI-HASHIvsEVIL&裕二郎&東郷)、6.23後楽園のIWGPジュニアタッグ王座戦(王者SHO&YOHvs挑戦者・石森&ファンタズモ)を見据え、両軍は丁々発止の攻防を展開。
 まずは裕二郎がケイン攻撃からYOSHI-HASHIを排除。続いて石井が裕二郎を失格に追いやる。すると、東郷がスポイラーズチョーカーで石井の首を締め上げ、反則失格。間髪入れず、EVILがグロッキー状態の石井を排除した。シーソーゲームが続く中、後藤とEVILは同時にオーバー・ザ・トップロープで失格に。
 これで残るはIWGPジュニアタッグを争う二組。まず、石森&ファンタズモはYOHをエプロンでの攻防で排除。だが、SHOはファンタズモをオーバー・ザ・トップロープで失格に追い込み、石森との一騎打ちに持ち込む。しかし、最後は石森がブラディークロスで完璧な3カウントを奪取。一人残りでBULLET CLUBに凱歌が上がった。
 試合後、石森はRPG 3Kに対し、「もう少し、チャンピオンらしくプロレスしろよ」とバッサリ斬り捨てると、返す刀でIWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラードに「俺は二本、ベルトいただくぜ」と宣戦布告した。

 第4試合は内藤哲也&SANADA&鷹木信悟&BUSHIvsタイチ&ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信。BUSHIはIWGPジュニアヘビー級王者のデスペラードを激しく意識。だが、最後はデスペラードがエル・エス・クレロで技アリの勝利。試合後、内藤&SANADAは前日のタイチに続き、ザックからサインをゲット。そして、両者のサインが書かれたパンフの表紙の裏表紙には、“IWGPタッグ選手権試合調印書”という文字が。果たして王座戦は実現するのか?

 第3試合は飯伏幸太&真壁刀義&本間朋晃組と天山広吉&小島聡&永田裕志の第三世代トリオによる本隊同士の6人タッグ。ひさびさの登場となる真壁や、アメリカ遠征帰りの永田や小島は熱のこもったファイトを展開。最後は小島がカウンターのラリアットで本間を沈めた

 第2試合は辻陽太がオカダ・カズチカにチャレンジ。辻は開始と同時にドロップキックを決め、その後も気合いをぶつけていくが、オカダは動じず。そして、珍しい卍固めを繰り出すと、最後はメキシコ志望の辻にルチャ流の丸め込み「トケ・エスパルダス」で勝利を収めた。

 第1試合は上村優也が棚橋弘至と激突。上村は逸材相手にダイビングクロスボディ、閂スープレックスと見せ場を作る。しかし、最後は棚橋がカウンターのスリングブレイドからテキサスクローバーホールドで貫禄の勝利。

    RESULT

    第1試合 20分1本勝負

      試合詳細を見る

      第2試合 20分1本勝負

        試合詳細を見る

        第3試合 30分1本勝負

          試合詳細を見る

          第4試合 30分1本勝負

            試合詳細を見る

            今宵は内藤&SANADAがザックにサインを要求!

            試合詳細を見る

            第5試合 時間無制限
            イリミネーションマッチ

              31分28秒ブラディークロス→片エビ固め
              ※1人残りでBULLET CLUBが勝利

              試合詳細を見る

              「もう少しチャンピオンらしくプロレスしろよ!」次期挑戦者・石森が“ジュニアタッグ王者”を挑発三昧!

              試合詳細を見る

              新日本プロレス大会レポート一覧に戻る

              競技一覧
              トップへ戻る