dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
桜花賞
平地 芝 右 外回り・1600m 18頭

サラ系 3歳 (国際)牝(指定)定量

本賞金:

牝馬三冠競走の第1戦、2歳女王ダノンファンタジーが主導権を握る!

2019年4月3日 15:30配信

桜花賞と同じコースで行われる阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞をともに制してきたダノンファンタジー。桜花賞制覇へ最短距離にいるのはやはりこの馬だろう。チューリップ賞は直線で進路が見つからないシーンもあったが、開いてからはすぐに抜け出し完勝。2~7着馬がすべて差してきた馬だったのに対し、この馬は道中3番手から勝ち切っており、ちょっとした展開の問題くらいでは負けないことを示した。このまま状態維持に成功すれば、一冠目を獲得できる可能性は高い。

そのダノンファンタジーをデビュー戦で負かしているのがグランアレグリア。その後サウジアラビアロイヤルカップで牡馬相手に完勝を収め、阪神JFではなく朝日杯FSに挑んだが3着に終わった。気性的に難しい馬でもあるためルメール騎手が乗れない阪神JF(香港国際競走と同週)を避けたのは仕方ないが、朝日杯での負け方を見るとちょっと番組選択が強気過ぎた感はある。敗戦の影響がどれだけあるか、またそこからぶっつけ本番での桜花賞になることがどう影響するか。ダノンファンタジーが超定番ルートで来ているだけに、多少不安ではある。あとは地力でどこまでやれるかだ。

阪神JF2着のクロノジェネシスは同3着のビーチサンバとともにクイーンCを選び、1,2着となった。逆説的に阪神JFのレベルの高さ=ダノンファンタジーの強さを証明してしまった感はあるが、クロノジェネシスは速い上がりが使えるという武器がある。スローで流れて上がりの速さだけを求められるような展開になれば、ダノンファンタジーを脅かすシーンがあってもおかしくない。

チューリップ賞2,3着のシゲルピンクダイヤとノーブルスコアは、当時ある程度展開が向いたにも関わらずダノンファンタジーに迫れなかった。ここはまず自分の能力を出し切ってどこまでやれるかというところか。

フィリーズレビューを勝ってきたのが1着同着でノーワンとプールヴィル。プールヴィルは阪神JFにも出走しており(5着)、ここまでの成績を見ると1600mよりは1400mのほうが得意なのかという印象。そうなるとノーワンのほうに期待するしかないが、初勝利まで5戦を要した馬だけに能力の絶対値の面でダノンファンタジーやグランアレグリアに対して分が悪いように思える。1番枠だったフィリーズレビューのように内枠を引いて、ロスのない競馬をすることが好走のための条件か。

関東のトライアル・アネモネSではルガールカルムが優勝。これまであまり本番に繋がっていないレースなので強気にはなれないが、決め手もセンスもある馬なので、掲示板(5着以内)争いには加わってくる可能性がある。

text by 須田 鷹雄

トピックス

競技一覧
トップへ戻る