dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
NHKマイルC
平地 芝 左・1600m 18頭

サラ系 3歳 (国際)牡・牝(指定)定量

本賞金:

3歳マイル王者の座は混戦必至!グランアレグリアら豪華メンバーが集結!!

2019年4月30日 17:10配信

今年のNHKマイルCは、かなりの豪華メンバーになりそうだ。

目玉のひとつが桜花賞馬グランアレグリアの参戦。桜花賞で圧勝しながらも、早々にオークス不出走を決めてこちらに回ることを表明した。気性面から2400mは厳しいというのがその理由だったが、確かに1600m戦のほうが無難ではある。騎手を選ぶタイプでもあり、ルメール騎手を確保できるレース優先ということになるのも理解はできる。

ひとつ問題があるとしたら、あくまで牡馬相手の一戦であるということか。朝日杯では3着に負けている。当時は後続を引き付けすぎた感があったので、桜花賞のように突き放してラチ沿いを確保する競馬が優勝への近道だろう。

朝日杯でグランアレグリアを負かしているアドマイヤマーズは再度の先着を狙う。皐月賞の2000mは正直少し長かった。それでいて4着を確保したのは、内枠の恩恵があったとはいえ地力の現れ。ベスト距離に戻ったここは期待できるし、牡馬の意地を見せてくれるだろう。

ファンタジストも距離短縮を求めて皐月賞からここへ。2000mよりは1600mがベターだが、東京の1600mを真っ向からこなすスタミナの裏付けは微妙なところ。マイル以上では前半待機策で脚を溜めているので、今回もおそらくはそんな競馬。展開がその位置取りに対して向いてくるかどうかで結果が変わりそうだ。

トライアルのひとつ、ニュージーランドトロフィーはワイドファラオの逃げ切りだった。NHKマイルCの逃げ切りはカレンブラックヒルの例があるが、東京のマイルG1を逃げ切るのはかなり難しい。前々走は番手の競馬で勝っているので、金星まで意識するなら控えるほうが良いかもしれない。もうひとつのトライアル、アーリントンカップもイベリスの逃げ切りであり、こちらにも同様のことが言える。ニュージーランドトロフィーのほうは負けてきた馬が本番で巻き返すことも少なくないので、前残りのレースをよく追い込んだヴィッテルスバッハあたりも2,3着候補にはなりうる。アーリントン組ではカテドラルがコース替わりでの前進を目指す。

登録馬に占める重賞勝ち馬が10頭という今年のNHKマイルC(ちなみに昨年は出走馬中8頭、一昨年は6頭)、ここで全頭を紹介できないほどだが、きさらぎ賞勝ちのダノンチェイサーあたりは位置取りのセンスと大敗の少なさ、血統のスケール感から上位食い込みがあってもおかしくない1頭。ファルコンS勝ちのハッピーアワーは好走レースのほとんどが1400m以下だが、血統はむしろ中長距離のもの。前が崩れてくる展開になれば台頭があってもおかしくない。

text by 須田 鷹雄

トピックス

競技一覧
トップへ戻る