dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
東京優駿
平地 芝 左・2400m 18頭

サラ系 3歳 (国際)牡・牝(指定)定量

本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円

皐月賞制したサートゥルナーリア、無敗で2冠達成なるか!

2019年5月23日 18:07配信

今年のダービー、なんといっても主役はサートゥルナーリアだ。これまで4戦4勝、父も母もスターホースということで、支持するファンは多いことだろう。

皐月賞のレースぶりも強かった。やや折り合いを欠きつつ終始外を回り、それでいて勝ち切ったのだからやはり地力がある。今回は騎乗停止でルメール騎手を失ったが、代役のレーン騎手が活躍を続けており、大きな不安材料ではなくなりつつある。

不安材料があるとすれば、距離だろうか。同じロードカナロア産駒のアーモンドアイがオークスやジャパンカップを勝っているが、個体が変わればまた別の話。特に雨が降って「道悪+距離」になった場合は少し気になる。

皐月賞で差の無い2着だったヴェロックスももちろん有力な1頭。東京戦は2歳時の東京スポーツ杯で負けているが、当時は位置取りも後ろすぎた。積極的に位置を取る川田騎手の騎乗スタイルと本番の展開がマッチすれば、この馬が逆転の第一候補となる。

皐月賞3着のダノンキングリーはディープインパクト×ストームキャットの、いわゆる「黄金配合」。この配合からはダービー馬キズナが出ているが、どちらかというとマイル~2000mに向く馬が多い。この馬自身はもちろんこの距離未経験なので、実はこなせるということなら皐月賞に続く混戦のゴール前を演出することもできるだろう。

皐月賞4着以下ではアドマイヤジャスタに巻き返しの予感がある。皐月賞は後方からの競馬となり、しかもレースの上がりが11.7-11.6-11.4秒という加速ラップで、追いつきようがなかった。ダービーも上がり勝負になると出番が無いが、前も疲れるような展開だとスタミナ色の強いこの馬に出番がある。

レースの展開を握るのが青葉賞の勝ち馬、リオンリオン。前走は横山典弘騎手らしい巧みなラップで逃げ切った。ダービーもこの馬が逃げる可能性は高い。どのようなペースを作ってくるのか、それが他のどの馬に有利になるのかというのもひとつ見どころだ。

青葉賞で2着だったのがランフォザローゼス。例年の相場だと青葉賞2着馬はダービーでは足りない勘定になるが、今年はハナ差決着だったうえにこの馬が祖母にエアグルーヴ、父にキングカメハメハを持つ良血というところに評価を覆す可能性を感じる。青葉賞(稍重)のように、少し時計のかかる馬場になると本気で怖い存在になる。

NHKマイルカップ組で唯一の参戦となるのがダノンチェイサー。きさらぎ賞を勝ったあと皐月賞には目もくれずにNHKマイルカップを目標としただけに、2400mという距離には疑問が残る。ただ速い上がりタイムには対応できるし、相手なりに走れる馬なので、掲示板(5着以内)に載る可能性はあるだろう。

※ダノンチェイサーは回避となりました(5/23発表)

text by 須田 鷹雄

トピックス

『梅雨に負けるな!』dポイントキャンペーン 最大10000ポイントが250名様に当たる!

トピックス