dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
スプリンターズS
平地 芝 右 外回り・1200m 16頭

サラ系 3歳以上 (国際)(指定)定量

本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円

秋のG1シリーズ開幕!“夏王者”タワーオブロンドン、ミスターメロディなど実力馬が集結!

2019年9月25日 13:57配信

秋のG1シリーズ最初の大レース、スプリンターズSが近づいてきた。

直近のステップレースであるセントウルSを制したのはタワーオブロンドン。もともとはマイル前後の距離を使われていて、1200m戦に出走したのは3走前の函館スプリントSが最初。そこでは3着だったが徐々にスプリント戦に慣れたのか、キーンランドC2着→セントウルS1着とひとつずつ着順を上げ、サマースプリントシリーズチャンピオンにも輝いた。セントウルSは2着に3馬身差・1分6秒7のレコードと完璧な内容だったが、本番に向けて不安材料があるとしたら状態の維持。中1週で前走を使ってレコード勝ちし、なおかつ状態を維持するのは簡単なことではない。逆にそこをクリアできるならもちろん最有力候補となってくる。

そのセントウルSで2着だったのがファンタジスト。2走前の北九州記念では久々のスプリント戦で流れに戸惑ったのか全く追走できず惨敗したが、セントウルSでは一転して好位を追走し2着。ここでは父ロードカナロアとの親子制覇を狙う。

セントウルSでは8着と大敗したが、本番での巻き返しが期待されるのが高松宮記念の優勝馬・ミスターメロディ。セントウルSではG1馬なので通常の斤量より2キロ加増され、タワーオブロンドンとの比較でも1キロ余分に背負っていた。前走はあくまで叩き台と解釈することもできるし、管理する藤原英昭厩舎は一度使ってからG1というパターンでこれまでも結果を出してきた。スプリント界はG1で複数回好走する馬が多いし、まだまだ見限れない馬だ。

セントウルS組以外では、キーンランドCを勝ってここに向かうダノンスマッシュもかなり有力な1頭。この夏最初に使う予定だった函館スプリントSは競走除外になってしまったが、これは本番に向けてはプラスになる可能性もある。夏がキーンランドC1走のみになったことで、状態面の余裕が生まれるからだ。スプリント王国安田隆行厩舎の所属馬、この馬もロードカナロア産駒で親子制覇がかかる一戦になる。

キーンランドC3着のリナーテもここ4走2,2,1,3着と安定している。スプリントG1は牝馬の好走も多いし、ここでも期待がかかる。半兄サトノダイヤモンドとは全く違うタイプの馬だが、この馬も素質は高い。

斤量差を生かして好走を狙うのがイベリス。もともとは除外対象だったが、賞金上位馬から回避が出て出走が可能となった。アーリントンCでマイルもこなしている馬だが、ベストは1200m。スプリンターズSは斤量の絶対値が軽い馬がよく走る面があり、53キロの3歳牝馬は人気以上の好走が期待できる。

text by 須田鷹雄

トピックス

競技一覧
トップへ戻る