dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:30
第20回 チャンピオンズC
ダート 左・1,800m 16頭

3歳以上 (国際)(指定) 定量

本賞金:10,000、4,000、2,500、1,500、1,000万円

新星クリソベリルvs古馬大将格のゴールドドリーム!ダート頂上決戦を制するのは!?

2019年11月25日 15:00配信

今年のチャンピオンズカップは新星vs歴戦の古馬という構図で大いに盛り上がりそうだ。

新星は、3歳馬のクリソベリル。兄クリソライトもダートの活躍馬だったが、それを上回るスケール感でここまで5戦5勝としている。

3歳馬は上の世代と対戦した場合に意外と走れないこともあるが、この馬は日本テレビ盃を楽勝。多少相手関係が楽だった感はあるが、そのぶん勝ち方に余裕があった。コース適性を考え浦和のJBCクラシックを回避したため一線級との比較はまだできないが、通用しそうな雰囲気は十分にある。

迎え撃つ古馬勢には、一昨年の覇者ゴールドドリームがいる。南部杯ではよもやの3着だったが、展開的なものもあった。このところ2年・9走にわたって3着以内を維持しており、その安定性・信頼性は抜群だ。

オメガパフュームは前走浦和のJBCクラシックで惜しい2着。入線の瞬間は勝ったかという勢いだった。過去の戦績からは左回りがいまひとつかと思われていたし、脚質からも浦和が向いているわけではない。それでもあれだけ走れたのは収穫だろう。後ろからの競馬にはなる馬なので展開には左右されるが、ハマるときはハマる可能性がある。

そのJBCクラシックで勝利したのがチュウワウィザード。デビュー以来全レースで3着以内に来ており、ここ9戦は1着か2着。帝王賞でも2着しており、完全に一線級の仲間入りを果たしたと言えるだろう。懸念材料があるとしたら中央のダート。もちろん中央の重賞でも好走はしているのだが、地方での走りが良すぎて、中央の馬場でどうなるかを考えてしまう面はある。

インティはみやこSで逃げ争いとハイペースに巻き込まれ、最後は不利を受けて15着と大敗してしまった。逃げ馬らしい脆さが垣間見えてしまった印象で、負け方もその後のダメージが心配になるもの。ただ今回はこれまでに比べてマークが薄くなる。自分のペースで進めることができればいきなりの復活もありうる。

ウェスタールンドは昨年の2着馬。追い込みと捲りを使い分ける馬で、ジョッキーには展開からすぐに戦法を決める判断力が要求されるが、良い脚を長く使える長所がある。先行馬が揃ってバテてしまうような消耗戦になるとこの馬の出番がありそうだ。

ヴェンジェンスはみやこSを勝っての参戦。条件馬時代は1400mを中心に使われ、オープンに上がってすぐは1200mも走っていた馬だが、前々走の太秦Sで1800mを試したところから意外な新境地が拓けた。6歳馬が距離延長でここまで成功するのは珍しいが、それだけ心身ともに充実してきているということなのだろう。

text by 須田 鷹雄

トピックス

競技一覧
トップへ戻る