dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
優駿牝馬
平地 芝 左・2400m 18頭

サラ系 3歳 (国際)牝(指定)定量

本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円

樫の女王決定戦!ラヴズオンリーユーら乙女たちの戦いは混戦か

2019年5月14日 11:44配信

 桜花賞馬グランアレグリアがNHKマイルCに回り不在だが、オークスはやはり桜花賞組が強いレース。まずは桜花賞上位馬を有力と見るのが妥当だろう。

 2歳女王ダノンファンタジーは桜花賞で4着に終わったが、オークスで巻き返しを期す。桜花賞は外枠から勝ちに行く競馬をした結果とも取れる。距離についてはやってみないと分からないが、ディープインパクト産駒は距離延長に対応できる馬も多いし、道中の折り合いさえ欠かなければチャンスは十分だろう。

 クロノジェネシスは桜花賞3着だが、決め手のあるところは見せていた。この馬の持ち味はやはり瞬発力と、そこから上がり3ハロンをまとめる力。スロー寄りの展開になった場合にはこの馬が伸びてくる。

 桜花賞では7番人気で2着と好走したシゲルピンクダイヤ。内ラチ沿いを上手く差した和田騎手の好騎乗が目立った。今回の課題は距離。母系にはスタミナの裏づけがあるが、ダイワメジャー産駒ということでやはり一気の延長は不安でもある。ダイワメジャー産駒はまだ2400m以上の重賞レースに優勝したことがない。

 これら桜花賞組以外ではフラワーC勝ちのコントラチェックが上位人気になる。ルメール騎手の騎乗停止でレーン騎手が大役を務める。逃げたときの強さが目立つ馬なので、まずは逃げやすい枠であるかどうか、また他の逃げ候補との内枠外枠の関係に注目したい。

 桜花賞組以外ではラヴズオンリーユーも上位人気になりそう。ひょっとすると1番人気を争うかもしれない。3戦3勝で前走は忘れな草賞に優勝。2400mはこなせるので、桜花賞組が揃って距離に泣くようなことがあるとこの馬の優勝も考えられる。一方で、ここまで戦ってきた相手がやや楽だった感もあり、強い相手とぶつかってどうなるかが課題だろう。

 オークストライアルのフローラSは秋華賞馬ブラックエンブレムの娘、ウィクトーリアが制した。逃げる予定がスタートに失敗し、そこから一転差しに回っての快勝。上がりも33秒2と速い脚を使っている。今回はコントラチェックがいるので逃げは封印するのか、それとも本来のスタイルに戻すのか、陣営のコメントにも注目したい。

 フローラS2着のシャドウディーヴァは6戦して1勝だが東京では5戦してすべて3着以内。どんな位置からでも競馬ができる馬だし、持ち前の安定味を生かして上位への食い込みを狙う。

 もうひとつのトライアル・スイートピーSはカレンブーケドールが早めに捲ってそのまま押し切った。オークス好走馬をほとんど出していないレースなので強気にはなれないが、馬自身は折り合いもつくし2400mへの延長が大歓迎のタイプだ。

text by 須田 鷹雄

トピックス

『梅雨に負けるな!』dポイントキャンペーン 最大10000ポイントが250名様に当たる!

トピックス