dmenuスポーツ

競馬

レース詳細

11R 15:40
安田記念
平地 芝 左・1600m 16頭

サラ系 3歳以上 (国際)(指定)定量

本賞金:

最強牝馬アーモンドアイvsダノンプレミアム!G1馬7頭が揃うレースを制するのは!?

2019年5月28日 00:12配信

 香港のビューティジェネレーションが来日しないことになったのは残念だが、それでも今年の安田記念は豪華メンバー。特に2頭が人気を分けそうだ。
 アーモンドアイは、もはや説明不要のスターホース。レース後の消耗が激しいタイプで何走も走れない馬だが、春をドバイターフだけで終わらせずここへ出走してきた以上、一定以上のデキは望めると判断しているはずだ。むしろ気にしたいのは、久々のマイル戦という点。道中の位置取りに注目したい。
 待ったをかけたいのがダノンプレミアム。ここまで距離に泣いたダービー以外はすべて完勝しており、1600~2000mでは牡馬のトップと呼べる存在だ。大阪杯を回避してこちらを選んだ以上、安田記念はモノにしたいレース。常に2~3番手からレースをすすめるセンスが強みで、その脚質が川田騎手とも合っている。おそらく道中はアーモンドアイより前で競馬をすることになりそうで、「強い馬どうしの戦いは前で直線に入ったほうが勝つ」という、トウショウボーイ・テンポイントやタマモクロス・オグリキャップのような形を狙いたいところだ。
 トライアルの京王杯スプリングカップを制したのはタワーオブロンドン。1分19秒4のレコード勝ちだった。距離は違うがいまの馬場(路面)にフィットできることは証明済みで、あとは人気2頭との力量差がどの程度か。レコード勝ち直後の反動を気にするファンもいるだろうが、馬場が速くなってからのほうが、京王杯組が人気より走るようになってきている。
 昨年のマイルCS覇者ステルヴィオは大阪杯14着から立て直しての参戦。距離は確実に1600mのほうがいいし、東京コースもダービー以外はまずまず走っている。無理なく4~5番手あたりにつけられれば、そこから自慢の末脚を繰り出して2強に割って入ることも可能だ。
 昨年のNHKマイルC馬アエロリットは、前走ヴィクトリアマイルで5着。かなり飛ばして逃げたわりにはよく粘った。今回はハナに行く候補がこの馬くらい。ヴィクトリアマイルのときはスタートがいまひとつだったぶん出していって勢いがつきすぎた面があったと思うので、まずはスタートを五分に決めたい。
 サングレーザーは大阪杯で12着と大敗したが、スローペースを後方から追走して展開に殺された印象。香港帰り・休み明けでもあったので今回は上積みがあると考えたい。昨年の天皇賞秋では好メンバーの中2着。1600~2000mが守備範囲という馬はマイルの大一番で強みを発揮するので、この馬にも復活を期待したい。

text by 須田 鷹雄

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る