dmenuスポーツ

JRA-VANコラム

無敗の皐月賞馬の日本ダービー挑戦を考える

2020年5月27日 09:55配信
記事提供:

2020/4/19 中山11R 皐月賞(G1) 1着 1番 コントレイル

今週日曜日はいよいよ日本ダービー(東京優駿)が行われる。中央競馬を代表するビッグレースで、「競馬の祭典」とも呼ばれる大一番だ。依然として無観客でのレースを余儀なくされており、生で観戦できないのは本当に残念だが、今年も見どころはたくさんある。まずは無敗の皐月賞馬・コントレイルがどのようなレースをするかに注目が集まることだろう。おそらく今回も1番人気に支持される可能性が高い。日本ダービーも制し、春のクラシック2冠達成なるか。無敗での2冠達成となれば、競馬史に名を残す偉業となる。

今回はかつてコントレイルと同じように無敗で皐月賞を制し、日本ダービーに挑戦した馬たちを振り返ってみたい。その上で、コントレイルの春のクラシック2冠達成の可能性について考えてみることにする。データ分析には、JRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

■表1 グレード制導入(1984年)以降の無敗の皐月賞馬

まずはコントレイルと同じように、過去に無敗で皐月賞を制した馬を調べた。ただし、調査対象年はグレード制が導入された1984年以降とした。表1は無敗の皐月賞馬と、彼らの日本ダービーでの成績だ。

グレード制が導入された1984年にいきなりシンボリルドルフがデビューから6連勝で春のクラシック2冠を達成した。同馬を皮切りにミホシンザン(85年)、トウカイテイオー(91年)、ミホノブルボン(92年)、アグネスタキオン(01年)、ディープインパクト(05年)、サートゥルナーリア(19年)、そしてコントレイル(20年)と、8頭の馬が無敗で皐月賞を制した。1984~2020年までの37年間で8頭誕生しているので、単純に割ると約4.6年に1回の割合で無敗の皐月賞馬が出現していることになる。ただ、実際には2年続けて(84・85年、91・92年、19・20年)出現するケースが目立っている。

あらためて無敗で皐月賞を制した馬たちを見ると、競馬史に残る名馬ばかりだ。日本ダービーも優勝したのはシンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ディープインパクトの4頭。ありきたりで簡単な言葉だが、とにかく強かった。ただ、その他の馬も相当な実力があった。ミホシンザンとアグネスタキオンは故障に泣いたが、前者は後に菊花賞や天皇賞(春)を制したし、後者はデビュー2戦目のラジオたんぱ杯3歳Sで、後のダービー馬・ジャングルポケットを2着に下してレコードで優勝していた。もし無事であればダービーも勝っていて不思議はなかった。

つまり、無敗で皐月賞を勝てるような馬は、間違いなく圧倒的な力を持っていると言える。皐月賞から400m距離が延びても心配はいらない。無事に日本ダービーに出走できれば、勝利できる確率は高いと考えるのが普通だ。それだけに昨年のサートゥルナーリアの結果(4着)は意外なものになった。果たしてコントレイルにはどのような結果が待っているだろうか。

■表2 皐月賞と日本ダービー(2冠)を制した馬(1984年以降)

続いて、無敗かどうかにこだわらず、春のクラシックで2冠(皐月賞と日本ダービー)を達成した馬たちを調べてみることにした(表2参照)。先ほどと同じように1984年以降では、シンボリルドルフ(84年)、トウカイテイオー(91年)、ミホノブルボン(92年)、ナリタブライアン(94年)、サニーブライアン(97年)、ネオユニヴァース(03年)、ディープインパクト(05年)、メイショウサムソン(06年)、オルフェーヴル(11年)、ドゥラメンテ(15年)と10頭が達成した。シンボリルドルフとディープインパクトは無敗のまま3冠馬となり、ナリタブライアンとオルフェーヴルもクラシック3冠を達成。こちらも素晴らしい馬たちが名を連ねている。

父親に注目すると、シンボリルドルフとトウカイテイオーは親子で達成したことになる。コントレイルの父はディープインパクトなので、今年も親子による春のクラシック2冠(皐月賞・日本ダービー)制覇という記録がかかっている。これまでディープインパクト産駒は皐月賞も日本ダービーも勝っているが、両方を勝った馬はまだ出ていない。なお、ブライアンズタイム(ナリタブライアン、サニーブライアン)とサンデーサイレンス(ネオユニヴァース、ディープインパクト)は春のクラシック2冠(皐月賞・日本ダービー)馬を2頭も出している。

■表3 2冠(皐月賞・ダービー)馬の日本ダービーでの単勝オッズ、2・3着馬(1984年以降)

最後に表2で記した春のクラシック2冠(皐月賞・日本ダービー)馬の日本ダービーでの単勝オッズ、および2・3着馬について調べた(表3参照)。10頭中9頭が日本ダービーで1番人気に支持されていて、その内5頭が単勝1倍台の圧倒的人気だった。皐月賞で見せたパフォーマンスがオッズにも相当影響を与えるので、基本的にはかなり人気を集める場合が多い。しかし、11年のオルフェーヴルは1番人気ながら単勝は3.0倍もついた。この年は皐月賞も東京競馬場(芝2000m)で行われて、そのレースを3馬身差で圧勝していた。それでもダービーで圧倒的人気にならなかったのは、今となっては意外な感じがする。

サニーブライアンが勝利した97年のレースも印象深い。他の馬が1番人気で優勝しているなか、同馬は単勝13.6倍の6番人気だった。この年だけ異質に見えることだろう。だが、その前の皐月賞ではもっと軽視されていて、11番人気だった。皐月賞はノーマークでの逃げ切り勝ちという結果となり、素直に実力を評価しづらい面があった。日本ダービーでは人気は上がったものの、依然として半信半疑という見方をするファンが多かった。しかし、東京芝2400mのダービーでも再び逃げ切りを果たし、堂々と2冠を達成。低評価を覆す走りを続けて、本当の実力を証明してみせた。異例ではあったが、今後見られるかわからないような貴重なケースだったように思う。

最後にダービーでの2着馬を調べると、意外な人気薄の活躍も目立つ。84年2着のスズマッハは21頭立ての20番人気だった。92年のレースからフルゲートは18頭となり現在に至るが、同年は16番人気のライスシャワーが2着に入った。また、11年は10番人気のウインバリアシオンが2着に好走した。それ以外の年は2~5番人気の馬が2着に入っている。つまり、6~9番人気は1頭も2着に入っていない。その分、3着が多いという傾向が出ている。仮に今年はコントレイルが優勝すると予想する場合、2着には2~5番人気もしくは10番人気以下の馬がくると想定してみるのも面白い。

一覧に戻る

関連記事

トピックス

競技一覧

スコア

2021年11月28日 9:59更新

2021年11月27日(土)

一覧を見る

2月15日(火)

  • スポルティング試合前マンチェスターC
     29:00 
  • パリ・サンジェルマン試合前レアル・マドリー
     29:00 

2月16日(水)

  • ザルツブルク試合前バイエルン
     29:00 
  • インテル試合前リヴァプール
     29:00 

2月22日(火)

  • チェルシー試合前リール
     29:00 
  • ビジャレアル試合前ユヴェントス
     29:00 

2月23日(水)

  • ベンフィカ試合前アヤックス
     29:00 
  • アトレチコ・マドリー試合前マンチェスターU
     29:00 

一覧を見る

2月17日(木)

  • バルセロナ試合前ナポリ
     26:45 
  • ゼニト試合前ベティス
     26:45 
  • ドルトムント試合前レンジャーズ
     26:45 
  • シェリフ・ティラスポリ試合前ブラガ
     26:45 
  • セビージャ試合前ディナモ・ザグレブ
     29:00 
  • アタランタ試合前オリンピアコス
     29:00 
  • ライプツィヒ試合前レアル・ソシエダ
     29:00 
  • ポルト試合前ラツィオ
     29:00 

一覧を見る

1月21日(金)

  • ヴェローナ試合前ボローニャ
     28:45 

1月22日(土)

  • ジェノア試合前ウディネーゼ
     23:00 
  • インテル試合前ヴェネツィア
     26:00 
  • ラツィオ試合前アタランタ
     28:45 

1月23日(日)

  • カリアリ試合前フィオレンティーナ
     20:30 
  • ナポリ試合前サレルニターナ
     23:00 
  • スペツィア試合前サンプドリア
     23:00 
  • トリノ試合前サッスオロ
     23:00 
  • エンポリ試合前ローマ
     26:00 
  • ミラン試合前ユヴェントス
     28:45 

一覧を見る

1月21日(金)

  • フランクフルト試合前ビーレフェルト
     28:30 

1月22日(土)

  • レヴァークーゼン試合前アウグスブルク
     23:30 
  • ボルシアMG試合前ウニオン・ベルリン
     23:30 
  • フライブルク試合前シュツットガルト
     23:30 
  • ホッフェンハイム試合前ドルトムント
     23:30 
  • グロイター・フルト試合前マインツ
     23:30 
  • VfLボーフム試合前ケルン
     26:30 

1月23日(日)

  • ライプツィヒ試合前ヴォルフスブルク
     23:30 
  • ヘルタ試合前バイエルン
     25:30 

一覧を見る

1月19日(水)

  • ゲンク試合前メヘレン
     28:45 

1月25日(火)

  • アントワープ試合前シント・トロイデン
     26:45 
  • ゲント試合前オーステンデ
     29:00 
  • シャルレロワ試合前コルトレイク
     29:00 

1月26日(水)

  • ズルテ・ワレゲム試合前ルーヴェン
     26:45 
  • オイペン試合前スタンダール
     26:45 
  • アンデルレヒト試合前セルクル・ブルージュ
     29:00 
  • RFCセラン試合前ベールスホット
     29:00 

1月27日(木)

  • ブルージュ試合前ユニオン・サン・ジロワーズ
     28:45 

一覧を見る

1月22日(土)

  • フィテッセ試合前フローニンゲン
     26:45 
  • AZ試合前カンブール・レーバーデン
     28:00 
  • ヘーレンフェーン試合前ズウォレ
     28:00 
  • ヴィレムII試合前トウェンテ
     29:00 

1月23日(日)

  • NEC試合前フェイエノールト
     20:15 
  • ヘラクレス試合前ゴー・アヘッド・イーグルス
     22:30 
  • PSV試合前アヤックス
     22:30 
  • スパルタ試合前ユトレヒト
     24:45 
  • ワールワイク試合前シッタルト
     28:00 

一覧を見る

1月21日(金)

  • FCアロウカ試合前ベンフィカ
     28:00 
  • パソス・デ・フェレイラ試合前ボアヴィスタ
     30:15 

1月22日(土)

  • モレイレンセ試合前サンタクララ
     24:30 
  • トンデラ試合前FCヴィゼラ
     27:00 
  • スポルティング試合前ブラガ
     29:30 

1月23日(日)

  • マリティモ試合前ベレネンセス
     24:30 
  • ヴィトリア試合前GDエストリル・プライア
     24:30 
  • ジル・ヴィセンテ試合前ポルティモネンセ
     27:00 
  • ポルト試合前ファマリカン
     29:30 

一覧を見る

競技一覧
トップへ戻る