dmenuスポーツ

ラグビーW杯2019

TEAMS

出場国情報

南アフリカ

南アフリカ

7大会連続7回目

迫力の縦突進 南半球最高クラスのフィジカル大国

「スプリングボクス」と呼ばれるアフリカ大陸の雄で、強みはパワー。大型選手の力強い突進とタックルが象徴的だ。いつもはニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンとラグビーチャンピオンシップという南半球での対抗戦を実施する。

ワールドカップでは、自国開催だった1995年の第3回大会で初出場初優勝。2007年の第6回大会では、ジェイク・ホワイト監督とエディー・ジョーンズテクニカルアドバイザーとの二人三脚で同国伝統のスタイルを再構築。2度目の頂点に輝いた。2015年の第8回大会では、初戦でそれまで大会通算1勝の日本に敗北。しかし、その後は再起して3位で大会を締めた。

大会後は長らく不振にあえいできたが、2018年3月にラシー・エラスマスヘッドコーチが就任するや状況は好転した。同年には今回予選プール同組のニュージーランドに勝っており、優勝候補にも挙げられている。フッカーのマルコム・マークスは剛腕でのボール奪取が注目され、ロックのエベン・エツベスは身長203センチで空中戦と1対1に強い。プロップのテンダイ・ムタワリラも突進力があり、ボールを持てばスタンドから「ビースト!」とニックネームが叫ばれる。フランカーのシヤ・コリシは同国初の黒人主将だ。

(文=向 風見也)

基本情報

愛称 スプリングボクス
(「トビカモシカ」が由来)
過去最高成績 優勝
(1995,2007)
世界ランク 4位(2019年10月20日現在)

過去大会成績

1987 出場せず
1991 出場せず
1995 優勝
1999 3位
2003 ベスト8
2007 優勝
2011 ベスト8
2015 3位

NEWS

ニュース

ニュース一覧

STANDINGS

順位表

 
プールA

順位 チーム 勝点 試合 得失
1 日本

日本

19 4 4 0 0 +53
2 アイルランド

アイルランド

16 4 3 0 1 +94
3 スコットランド

スコットランド

11 4 2 0 2 +64
4 サモア

サモア

5 4 1 0 3 -70
5 ロシア

ロシア

0 4 0 0 4 -141

 
プールB

順位 チーム 勝点 試合 得失
1 ニュージーランド

ニュージーランド

16 4 3 1 0 +135
2 南アフリカ

南アフリカ

15 4 3 0 1 +149
3 イタリア

イタリア

12 4 2 1 1 +20
4 ナミビア

ナミビア

2 4 0 1 3 -141
5 カナダ

カナダ

2 4 0 1 3 -163

 
プールC

順位 チーム 勝点 試合 得失
1 イングランド

イングランド

17 4 3 1 0 +99
2 フランス

フランス

15 4 3 1 0 +28
3 アルゼンチン

アルゼンチン

11 4 2 0 2 +15
4 トンガ

トンガ

6 4 1 0 3 -38
5 アメリカ

アメリカ

0 4 0 0 4 -104

 
プールD

順位 チーム 勝点 試合 得失
1 ウェールズ

ウェールズ

19 4 4 0 0 +67
2 オーストラリア

オーストラリア

16 4 3 0 1 +68
3 フィジー

フィジー

7 4 1 0 3 +2
4 ジョージア

ジョージア

5 4 1 0 3 -57
5 ウルグアイ

ウルグアイ

4 4 1 0 3 -80

トピックス

期間中にDAZN for docomoに入会した方の中から抽選で100名様に10,000ポイント(期間・用途限定)dポイントプレゼント!
競技一覧
トップへ戻る