ラグビーW杯2019

INTERVIEW

インタビュー

山田 章仁インタビュー前編

日本開催の2019年W杯に馳せる想い 「早くみんなに見てもらいたい」

2018.10.19(金)

この国で最も有名なラグビー選手の一人は、「グローバル」、「時代への対応」といったフレーズをしきりに使う。

日本代表として活躍する山田章仁は、ウイングというタッチライン際のポジションに入って競技の華といえるトライを量産。日本最古豪の慶応義塾大学にいたころから単身で海外に留学したり、パナソニックのプロ選手になってから社会人アメリカンフットボール・Xリーグに挑戦したりと、誰も歩まない道を歩む人としても知られる。

2大会連続出場が期待されるワールドカップ2019日本大会へは、これからラグビーに注目する人たちに向けて、「発表会」「テスト」といった例え話を用いて意気込みを語る。 (インタビュー・構成=向風見也、撮影=長尾亜紀)

いまの自分があるのはエディーさんのおかげ

――山田選手がワールドカップを意識するようになったのは、いつからですか。

「2015年(イングランド大会)の前ぐらいですかね。2011年(ニュージーランド大会)の時は、いま振り返ればそれほど強い思いはなかったかな。わかりやすくいえば、2011年の時は、その年に合宿に参加させていただいて準備に入ったけど、2015年の時はほぼ4年間、まるまる準備できた。その違いがあります」

――イングランド大会では9月19日の初戦で優勝候補の南アフリカ代表を撃破。日本にラグビーブームが巻き起こります。

「それを感じる余裕はあまりなかったです。南アフリカ戦のメンバーに入ることも含め、結構、必死だったので。あっという間に過ぎたワールドカップという感じでした。監督に地道にアピールするということは2015年までの4年間で一番、大切にしていたことだし、自分の思いを伝えることも大切にしてきましたね」

――その南アフリカ代表戦。3点差を追うラストワンプレーでペナルティーキックを獲得。ペナルティーゴールを決めれば引き分けに持ち込めるなか、日本代表はスクラムを選択してトライを狙います。先発した山田選手はすでに交代で退いていましたが……。

「あの最後の時は正直、3点(ペナルティーゴール)を狙ってもいいと思ったりもしました。南アフリカ代表と引き分けられるチャンスだったので。ただタッチラインで『スクラム、どうなの?』と聞いたら、隣で見ていた堀江(翔太、スクラムを組むフッカーというポジションを務める)は『いけるんじゃない?』というようなことを言っていた。スクラムを選んだからには『やってくれよー』という思いで応援していました」

――かくして、このゲームは34-32で逆転勝利。しかし2度目の先発となったサモア代表との第3戦を前に、当時のエディー・ジョーンズさんになぜか「練習態度がよくない」と怒られたそうですね。

「怒られましたねぇ、練習で。言い返してみたものの、コテンパンにやられました!」

――苛烈な人柄で知られる方ですが、それまでワールドカップ通算1勝だった日本代表に3つの白星を与えた人でもあります。

「エディーさんは、プロフェッショナルのコーチとしては非常に素晴らしいと思います。僕がいまこうして取材を受けさせてもらっているのも、ラグビー選手として楽しい人生を送れているのも、彼のもとでもがけたおかげ。なので、本当に感謝しなくちゃいけないです」

いまの体制は『ラグビーありきのラグビー』

――エディー・ジョーンズ前体制の日本代表のキーワードが「ハードワーク」なら、ジェイミー・ジョセフ現ヘッドコーチ率いる今のチームのそれは「スマート」。戦術やプランも大きく変わりました。

「(現体制は)本当に新しいチームで、すごく頭を使う、ラグビーをしっかりやらないといけないチームですね。あまり比較はしたくないですけど、2015年のチームとは180度変わっていて、ミーティング、戦術(の運用)も選手が主体的に考えてやっていかないといけない。グラウンドに出る15人にそれぞれの役割があって、それを念頭に置きながらラグビーをする。『ラグビーありきのラグビー』というと、わかりにくいかもしれないですけど……」

――『ラグビーありきのラグビー』の最初の「ラグビー」を「選手がその場でベストな判断をする」に置き換えたら、クリアになりますか。

「そうですね。大まかにいえば。本当に大切なものは何か。それがラグビーでいえば、前に行く、トライを取る、ディフェンスで相手を止める……、今回(2019年の日本大会)は、そういったメッセージを伝えやすいんじゃないかと思います」

――先ほどのお話で「15人にそれぞれの役割があって」とありました。本来の役割と違う動きをすると決断をした場合は、コーチ陣からどう見られるのでしょうか。

「役割外のことをする時は責任が伴って、しっかり結果を残さないといけないというプレッシャーもある。だから僕自身、これからいろんな組織で仕事をすることになると思うのですが、本当に勉強になることが多いですよね。課された役割はしっかり果たさないといけないし、そこがおろそかになってはいけない。(それ以外のことをするなら)しっかりと責任を取らなきゃいけません」

PROFILE

山田章仁(やまだ・あきひと)
ポジション:WTB/ウイング

1985年7月26日生まれ、福岡県出身。現所属は、パナソニック ワイルドナイツ(トップリーグ)、および、サンウルブズ(スーパーラグビー)。50mを5秒台で走る快速、強靭な足腰、クレバーなプレーで高い評価を得る。2015年ラグビーワールドカップの予選リーグ第3戦サモア戦でトライを決める。日本代表キャップは24(2018年6月時点)。

NEWS

ニュース

もっと読む 閉じる

STANDINGS

順位表

プールA

順位 チーム 勝点 試合
- 日本

日本

0 0 0 0 0
- アイルランド

アイルランド

0 0 0 0 0
- スコットランド

スコットランド

0 0 0 0 0
- ロシア

ロシア

0 0 0 0 0
- サモア

サモア

0 0 0 0 0

プールB

順位 チーム 勝点 試合
- ニュージーランド

ニュージーランド

0 0 0 0 0
- 南アフリカ

南アフリカ

0 0 0 0 0
- イタリア

イタリア

0 0 0 0 0
- ナミビア

ナミビア

0 0 0 0 0
-

敗者復活予選優勝チーム

0 0 0 0 0

プールC

順位 チーム 勝点 試合
- イングランド

イングランド

0 0 0 0 0
- フランス

フランス

0 0 0 0 0
- アルゼンチン

アルゼンチン

0 0 0 0 0
- アメリカ

アメリカ

0 0 0 0 0
- トンガ

トンガ

0 0 0 0 0

プールD

順位 チーム 勝点 試合
- オーストラリア

オーストラリア

0 0 0 0 0
- ウェールズ

ウェールズ

0 0 0 0 0
- ジョージア

ジョージア

0 0 0 0 0
- フィジー

フィジー

0 0 0 0 0
- ウルグアイ

ウルグアイ

0 0 0 0 0

トピックス

トピックス

to TOP